FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

kiku-きまぐれ日記

好きなものは好き!特に音楽! と言いつつ、凹凸な日々の中で感じていることを音楽に限らず綴ります。

プロフィール

ナミヘイ

  • Author:ナミヘイ
  • 静岡在住。特にアコギの弾き語りが大好き♪
    最近はバンドにも興味津々。
    思いたったらまっしぐら~なところは齢をいくら重ねても直らない。
Twitter...
最近の記事
メール
件名に「ナミヘイ」と入れて下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2005.03
27
Category : イロイロ
私の気分には似つかわしくない程の晴天。
悩んだ挙句、出かける。

あるイベントを覗く。
「この子わりかし好みの声」
しかし、メロディーの音が大きすぎて詩が聞き取れない。
残念。

「コンテンポラリーダンス」ワークショップの発表会を見に行く。
新しいダンスの概念とでも言いますか…
1組5~6人で計4組の発表と講師のデモンストレーションを見学。
激しかったりゆったりしていたりいろいろな表現方法がある中、
私の心を釘付けにした人がいた。
その人の動きはどの人より小さく、全ての人に対して対照的であった。
しかし、「コンテポラリーダンス」という「日常や想いから生まれてくるダンス」ならではの良さというか、普段の息苦しさや、どうにもならない日々やそんなものを表現できずに抱えているようなダンスに、なんだか自分を見ているような気持ちになってきて目が離せなくなってしまった。
「どうして他人はあんなに自分自身を表現できるのに、私はダメなんだろう」
あの体の揺れは私にとっての不安を代弁しているようだった。
いろんな人がいる。
上手に表現できる人、表現しようと努力してみて形になる人、ならない人、表現するのが苦手な人、下手な人…
上手いとか下手とか、新しいダンスだからそんなのわからないけど、見方によっていろんな感じ方ができて面白いと思った。

見学の時間が長引き、挨拶もそこそこで猛ダッシュ。
あぁ間に合わなかった。残念。
どっちも宙ぶらりんで申し訳なかったです。

スポンサーサイト