RSS
Admin
Archives

kiku-きまぐれ日記

好きなものは好き!特に音楽! と言いつつ、凹凸な日々の中で感じていることを音楽に限らず綴ります。

プロフィール

ナミヘイ

  • Author:ナミヘイ
  • 静岡在住。特にアコギの弾き語りが大好き♪
    最近はバンドにも興味津々。
    思いたったらまっしぐら~なところは齢をいくら重ねても直らない。
Twitter...
最近の記事
メール
件名に「ナミヘイ」と入れて下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.10
31
Category : 独り言
静岡新聞の夕刊にでてるやつ。
時々チラっと気にしたりする。
いいことは信じない。よくないことは心に留めておく。

今日は「孤独に耐える日」なんだって。
どれだけ耐えたらいいのやら…
守ってみる。(こうやって書いてること自体守れてないか)
甘えすぎてはいないか。人を思いやれているのか。

前に思考がよく似ている友達が言ってた。
「ずっと落ちてるのはある意味わがままかもだし」
そうかもね。
いい加減ちゃんとしなきゃね。

もう11月だもの。
どうあがいたって答えはおのずと見えてくる。
グチグチ言ってる間に時間は過ぎてしまうから。
自分に負けないで頑張らないと。闘わないと。
スポンサーサイト
2005.10
31
Category : 音楽
ある情報番組でAIという女性ミュージシャンが「Story」という曲について言っていた。

いでたちは私の嫌いなタイプ。
ただパワーのある声を持っている。
私は彼女の存在を初めて知った。


確かに詩は頷ける。
悔しいことに通しで聞きたいと思ってしまった。
迷わずiTunes storeで購入。
特にね2番の詩がよかった。
「説明することも無理して笑うこともないから…」
何がいいかって私がキミを守るってこと。
自分が強くあるってこと。

確かに私にもあてはまる。
というか、いつもそうありたいと思ってる。出来てないけど。
年代とか関係ないのかもしれない。
強くなれずにいる者にとっては自分で自分の「Story」をつくることは
いつまでたっても目標みたいなものだから。

ココロの真ん中に忘れずにいたい強さを思い出させてくれたウタ。
2005.10
30
Category : 独り言
この土日もまた一歩も出れなかった。
出ようとほんの少し思った。
誰かに会うかもしれない…
上手に笑えるかなぁ?空回りしないで話せるかなぁ?
そんなこと思ったら怖くてまた布団に潜った。


来週は出ると決めている。
知ってる人がいない場所になら行ける。
一人で行って一人で帰ってくる。


仕事とストフェス以外のことが、自分の中で自然なことに考えられるようにならないと。
意外と自分一人が怖がっているだけで、周りは普通だったりするんだ。
いつもそうだったじゃないか。

以前サイトに裏日記や詩を載せていた。(今は無いよ)
読み返してみた。答えはそこにあったのに忘れてしまうんだね。
わかってたのになぁ。
大切なものを大切にするってことは本当に難しい。


いつになったら出来るようになるんだろうか。
きっといつまでも出来ないのかもしれない。
だったら持たないほうがいい。妄想くらいが丁度いい。

2005.10
29
Category : 独り言
ダメなことしか書けないけど。

手放さないといけない感情。
気付かないフリをした方が今後が上手く行きそうな感情。
ずるさを認めるのならソレもありかと思う感情。
真っ暗闇にいればそんなココロにも気付かずにすんだのに。
もう苦しいとか寂しいとか自分の情けなさにさえ涙も出やしない。
涙ってどうやったら出るんだった?どういう気持ちになると出るんだった?

11月から始まる今以上のイライラ。
一度「無理」と思ったらもう無理だよ。
相手の人間性が見えてしまったら面倒見るのも結構キツイのですが。
もう今から気が重い。最近ずっと対策を考えてた。
プライドの高い人は苦手。


って、また自分のダメさを棚にあげてこんなことを書いてる。
2005.10
29
Category : 音楽
南風の初単独音源リリースです。

何故、彼らが音源を出したのかには理由があります。
静岡にいる私達にとってはなんのこっちゃという話かもしれませんが、
下北沢の危機だそうです。
それに対してS.O.Sというプロジェクトがあり、今回南風がリリースしたという流れ。

東京という土地の中で、私が唯一プラプラできる下北沢。
その下北沢が変わってしまうのはイヤだなぁ…
南風のリリースがなければ、遠くに住む私は下北沢が変わってしまうかも
しれないと言うことを知らずに下北沢に足を運び続けていくだろう。
何かが出来るわけではないが、知らないことと知っていることは大きな差だと思う。

サイトで購入できるとあるが、購入方法が見当たらない…
ま、近々東京に行くので目的地に行くには遠回りだけれど下北沢に立ち寄ろうと思う。
もちろん大好きなmona recordsに。
行さんの店長日記がわりと好き。
2005.10
29
Category : 独り言
自分が何をしたいかなんてわかんなくて、向かう先もなくて。
ちょっとでも深い話をするのが苦しくて、誰かに会うのもできなくて。
立ち止まるのが怖くて、ただがむしゃらに走ってる。

変わりたいと思っても、どう変わりたいって目標がわからないのに
変わることは出来るのだろうか?
どこに向かいたいかわからないのに、どうやって走り続けたら?
ココロの隙間に気付く度、何をしたらいいかわかんなくて闇を埋め込んでる。

今はやることがあるから走り続けてればいい。
立ち止まっていろんなことを考える余裕が出来た時が怖いんだ。

どうしたら本当の意味でこの同道巡りから抜け出せるだろうか?
全て自分の選んできたこと、引き起こしてきたことなのに。

この手をどこに伸ばし続ければ?
何を求め続ければ?
自分の納得できる答えはいつになったら見えるのだろう?
2005.10
28
伽藍博物堂 秋の本公演である。

「世の中をうまく渡れていない」気がするあなたに観てほしい。

あ、あの~「気がする」って言うか「渡れてない」ですが…
観に行ってもヨイですか?


ダブルキャストで行われる今回。
Aプログラムの最終公演は10/30。
Bプログラムはは11月から。
興味のある方はぜひ足を運んでみて。
2005.10
28
Category : 音楽
「聞くことは無いだろう」そう思ってたものの1つ。
くるりの曲を聞く以前にある理由があって聞く気にもなれなかった。
若手のミュージシャンの「好きなミュージシャン」によくいるんだよね。
なんでかなぁ?って思ってた。

縁があって、じっくり最初から最後まで何度も聞いてみた。
曲は好きと嫌いにはっきり別れたけど、自分が想像してたよりずっとずっとよかった。

人に勧めてもらわなかったらずっとイメージ悪かったと思う。
「聞かず嫌い」のものがまだあるのかもしれないな。
2005.10
28
Category : イロイロ
必ずPCのメールをチェックする。
いくつかのサイトを見る。

今朝は頭の痛いいくつかのメールの中に、
たった一つ嬉しいメールがあったよ。
いつの日かこんな類のメールが来たらいいなぁってヤツ。
自分のことではないけど、自分のことのようにホクホクしたくなる。

今日は柔らかい日。

落ち気味だったヒトも少し元気になったようだ。
そんなのもホクホクしちゃう。



習慣が習慣でなくなった日。ちょっとだけ心地良い。
2005.10
27
Category : モブログ
嫌な予感はしたんだ。
PCのメールがなかなか繋がらなくて、電源落とす前にやっと…
一段落したと思って安心してたらこれだもん。ホント吐きそうだ。胃が痛い。
なんだろう、この終わることのない状況は?
私が悪い流れを呼び込んでるとしか思えなくなってきた。
どっちにしたって組み直しかぁ。凹むなぁ。
まだ続くのかなぁ?もう勘弁してほしいなぁ…
考えだしたらきりないなぁ。完全に目が覚めてしまったよ。
2005.10
26
Category : 独り言
一人だからさ。
弱音吐いたって、甘えたいと思ったって。
頑張るしかないっしょ。
今ココで負けるわけにはいかないんだ。
自分の弱い心に負けるわけにはいかないんだ。
2005.10
26
Category : イロイロ
最近、左腕が重かったり痺れたりする。
頻繁ではないのだがすごく嫌な感じだ。

昔から疲れがたまると右足がよく痺れる。
痺れてきたら「あぁ、疲れてるんだな」って思う。

体のどこかが痺れると体の疲れはもちろんなんだけど、
ココロの危険信号かと思ってちょっと自分で自分が怖い。

マッサージに行きたいところだが、人に会うのが億劫だ。


もうダメ人間だな。

ちょっとだけ弱音を吐きたい。
欲を言えば甘えたい。

私ってヤツは…
期待されるほどの人間ではないし。
他人が思うほどしっかりしてないし。
しっかりしてないから、しっかりしなきゃと思うだけで。
ホント、ダメなんですよ。

運転中考え事していて曲がるべき道を通り過ぎ、
挙句の果てに電車に乗り遅れて遅刻。
いろんな感情は気付いても見ないフリ。
こういう時は突っ走るしかないよね。
自分で自分を突き落とす悪い癖。

この重たいなんだかわからん渦巻くやつが、左腕にまとわり付いてる。
早くどっかに行ってよ!

2005.10
25
Category : 独り言
誰にも決められない。

誰かが思う幸せと自分の思う幸せがほんの少し重なっていたら
それは本当に幸せなことだと思うんだ。
幸せにして欲しいとかしてあげるとか。
きっとそんなことはどっちでもいいんだよ。

きっと私達が考えてるよりずっとシンプルなことのはず。
それなのに一番わかりにくくて難しい。

幸せの話だけじゃなくて全てにおいて。
いろんなことを自分で複雑にしてしまっている。
もっともっと心で感じなきゃ。
きっといつかわかる日が来る。
焦るのはヤメだ。そういうことでいいんだと思う。
2005.10
25
Category : モブログ
20051025085100
火曜日は決まってそんな感じ。
昨晩、頭を使ったせいかな?
普段なら朝食抜きだけど、昼まで持ちそうに無い。
電車が来るまでに慌てて食べる。
よし、今日も負けない!
2005.10
24
Category : モブログ
20051024220304
カサカサ。皮脂欠乏症なんですよ。
歳とともに薬が手放せなくなってます。
もっと寒くなるとオレンジのキャップの薬が登場。
その場しのぎなんだよね。でも無いとすんごいことに…
憂欝な季節到来だ。
2005.10
23
Category : アート
なんでかな?
この方の写真は私の心をギュッと掴む。

ZERO-POSITION Daiki Haya official web site
何度か展示会やブログなんかの話をここでもしている。

私が展示会で見た写真はモノクロだった。
サイトのトップを飾る写真で最近の葉谷さんが撮るカラーを知った。
私は特に青が好きなので、自然と空の写真に目が行く。
すると光もあふれている。絶望から抜け出した先にあるような光。
もしくは闇にいるからこそ見える光。
とにかく私が欲しいと思ってる光や、包み込まれたい空の色、
いろんなのが心にきて泣きそうになるんだ。
まぁ、勝手な感想だけれど…

トップページを飾り終えた写真たちは「Diary」で見れる。

写真が好きって言っても、いろんなタイプの写真があるし、
人の好みも様々だと思う。
それでも私にとっては一日に何度も見たいと思う写真だったので
改めて紹介してみようと思いました。
2005.10
23
Category : イベント
ストフェスのスタッフの一人が「この間針に行ってきたんですよ」。
「針?若いのにマッサージでなくてあえて針ってなんで?」
「トウダイモトクラシ?ってイベントの冊子をもらって、イベントは行けなかったんですけど。
針の広告がすごく素敵で写真とか色合いとか…。
いつか行こうと思って、やっと行ってきたんですよ。すごくよくてまた行きたいなぁ。」
「…」
「読み直したら○○さんのコラムとかあってびっくりしましたよー」

まさか、一年も前のものを気になるものがあるからって取っておいて、
実際にお店に足を運んでくれる人がいるなんて思いもしなかった。

だいたい「トウダイモトクラシ?」というイベントを覚えている人はどれ位いるのだろうか。
そこから何かを感じてくれた人はいたのだろうか。

私にとっては大きな意味を持つ出来事だったけど…
2005.10
23
Category : 音楽
歌詞が見れるようになった。
私は落ちてる時に詩だけ読んだりする。
そんな時どこでも見れる携帯は嬉しかったりするわけだ。
(自分で文字打ち込むのはチト大変だからね。)


「30」はAMUSEMENT TAOのウタだ。
8月の終わりにたった一度聞く機会があった。
それまでも、その後も問題山積みだった私にとって「心に残る曲」となる。

年齢ってやはり関係あるのかな?
Taoと出会って6年目に突入。丁度変化の多い年齢を見てきた。
私自身も変わった。彼らと出会った頃の酷さに比べたらいい方向に変わったはず。


あ、私は「30」の詩は本当にどこをとっても好き。(1つの曲だから当然か)
けどあえて言うなら最後の4つの「続けて」が好きです。

2005.10
22
Category : 映画
COSTOM MADE 10.30
映画である。静岡では12/24から。シネギャラリー。

何がどうかは置いといて、奥田民生が出てるわけだ。
広島市民球場で行われたひとり股旅が絡んでるのね。
あー、やはりライブDVD見たいなぁ。欲しいなぁ。
2005.10
22
Category : モブログ
20051022101800
今日天気悪いんだ。余計寒い気がする。
こういう時は、葉っぱで紅茶を入れよう。
2005.10
21
中山一朗さんつながり。
これ見に行きたいなぁ…

ロッテライニガーの世界
影絵。予告編見るだけで感動。影絵がアニメーションなわけですよ。
どんだけ作ったのって話ですよ。
東京では、確か日曜日の一回目に中山氏の生朗読があるらしい。
中山氏の朗読…よかったもんなぁ。

しかし、日程的に厳しいか…
2005.10
21
Category : 独り言
「最近ストフェスのこと以外何してる?」
「んー、何もしてない。引きこもり。」


スジュール帳を見返す。

遠方の友人と偶然都合が合い、飲む。
人から紹介された「中山一朗 朗読会」に行く。
年に数回会う友人から連絡があり飲む。

それ以外ねぇ…
あ、休みの日は寝ている。姪と甥の遊び相手になる。
平日も遅くまで起きてる割には何してる訳でもなく。
ただ、少し考え方を変えようと試みているので、なるべくブログに残そうと思っている。
その為にその日自分の中に沸き起こった様々な感情と向き合う。


ストフェスのことやってると時間がたってしまう。
まだまだみんなみたくいろんなことを上手にやれない。
けど、それでいい。自分のやれることをちゃんとやる。

いつだったかな。
「みんなはすごいのに私はだめだ。取り残されてる。
このままでいいのかなぁ?この年齢だよ…情けないよね。」
誰かが言ってた。
「だいたい人の道は歩けないんだから、取り残されることはないの。
比べたってしょうがないでしょう。あなたはあなたの道を独りで歩くしかないの。」
あの時はなんと冷たい…としょんぼりしたが、今はその言葉がわかる気がする。

だから今、大変だけど(全てにおいて)しっかり前を向こうと思える。
残念だけど私は他の誰かにはなれない。
こんなダメ人間のどこかにも特別な何かではないけど、何かがあると信じようと思う。

そんな風に思えるようになったら、生きていくのがほんの少しだけ息苦しくなくなった。
ある意味進歩(苦笑)。
2005.10
21
Category : 音楽
平原綾香の曲。

TVドラマ「優しい時間」だったかな?の主題歌でしたね。
なんだか急に聞きたくなってiTunes storeへ。
\200。んー。購入。
やっぱりいい曲。詩もいい。

ドラマがすごく好きだったから、良く聞こえてたのかなぁって思ってもみたけど、
そうじゃなくて本当にいい曲だった。

平原綾香ってすごいなぁ…
2005.10
20
Category : モブログ
20051020031203
どちらも私には必要
2005.10
19
Category : 独り言
基本的に職場では引っ切り無しにカリカリ、イライラしています。
あまりこういうとこで書くのはどうかと思うけど、本当にね、
いい加減やんなっちゃう。

だから叫ぶ!

「私よりちゃんとした立場でしょ、私より長く働いてるんでしょう、
わかってるはずでしょ、当たり前のことくらいちゃんとやってくれー!」


私の雇用形態は一般的な「社会人」ではない。
自分の立場を「社会人」にする気も未だにない。
でも、その立場に甘えたくは無い。
長くお世話になっている分、きっちり仕事はしたいし、
いわゆる社会人の立場の方々の手を煩わせないように
それなりに先を見て段取り組んで仕事をしているつもりだ。

なのに、なのにだ…
何故ルールを守らない。
何故流れを見ない。
何故そんなに足らないのだ。
底辺にいる人間にわかることが何故わからないのだ。

もう時間が無いのだ。コレじゃ困るのだ。
当たり前だが私の立場では会議での発言権が無い。
会社にしてみれば私のような立場の人間は、言われたことをほんの
ちょっぴり上乗せして言うこと聞いて仕事してればいいと思ってるだろう。

頼むー。もっと現場の声に耳を傾けてください。
私は言ってる方だと思うけどそれを形にしてください。
形に出来なくてもいいけど、何かした痕跡を見せてください。
聞くだけ聞いてそれだけなんて、ある意味欲求不満です。



いろいろ書いたけど、ある一部が大きく不満で不安なだけ。
自分がやってる部分だけ見てたら、この仕事は好きだ。楽しいとさえ思える。
ま、あとは万年貧乏につきお金たくさんください。
2005.10
18
Category : 独り言
目の前にある今やるべきことをやり抜く。
一度にたくさんのことはやれる性質ではない。
まずやるべきことをやり抜く。
やれたら自分のこと少しは好きなってあげられるかもしれない。
ずるくて情けなくてどうしようもないダメ人間であるけれども、
1つくらい逃げないで今は頑張りたい。

全てのことはその後でいい。その後考えよう。
今いろんなことを考えたら、また立ち止まってしまう。
怖くて寂しくて哀しくて苦しくて動けなくなってしまう。
自分一人で立てるようになれれば、強い気持ちでいられれば、
本当はなんだって大丈夫なはずなんだ。

今は強い心を育てたい。
2005.10
17
Category : ライブ
昨日行われた「みちまち実験ストリートライブ」。
スタッフとして参加、もちろんライブ中もストフェスの宣伝活動を。

若手(今まで私が聞いてきた人たちに比べると)ならではの部分は
あるけれど、みんなそれぞれいいとこあった。
鳥井沙樹子ちゃんは優しい、塩倉亮治くんは上手。
この二人はどっちかっていうときれいな感じでした。
さらっとしたイメージ。若いのにスゲーってのが感想。
この二人の間に唄ったこすもすとろうくんがいい味出してた。


いやぁ、仕事忘れて聞いちゃったよ。
こすもすとろうの「再会」。
さっき彼のサイトで昨日唄った曲を試聴してきたんだけどね、
どの曲の詞もほんの一部分とはいえ、ちゃんと今日の私の心に残っていた。
「稲穂」も結構良かったなぁ。

初めて聞いたのにこんな風に心に何かを残していってくれる
ミュージシャンは久しぶりだ。
じんわりガツンだな。
2005.10
16
Category : モブログ
20051016133601
やるよ
2005.10
16
Category : モブログ
20051016114208
でも、あちら側は止んでいるかもしれないし、時間には上がるかも。
とりあえず出掛けてみるか…
2005.10
16
Category : 独り言
本当に最悪だ。いつもこうだ。
中途半端に絡んで、肝心な時に役立たず。
忘れそうなら何故メモしない。
思い出すのが遅すぎる。
なんで人任せ。

役目としては私がやるべきものなのに。
どんな理由も言い訳だ。

本当にイヤだ。
こういう自分を脱却したいから頑張ろうと思ったのに。

こういうダメな自分を忘れないように
二度と繰り返さないようにここに書く。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。