RSS
Admin
Archives

kiku-きまぐれ日記

好きなものは好き!特に音楽! と言いつつ、凹凸な日々の中で感じていることを音楽に限らず綴ります。

プロフィール

ナミヘイ

  • Author:ナミヘイ
  • 静岡在住。特にアコギの弾き語りが大好き♪
    最近はバンドにも興味津々。
    思いたったらまっしぐら~なところは齢をいくら重ねても直らない。
Twitter...
最近の記事
メール
件名に「ナミヘイ」と入れて下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.12
31
Category : ライブ
南風。本当に来て良かった!帰ったらゆっくり感想書きます。

なんやかんやで大晦日の夜に帰宅。
さて。昨日渋谷の7th FLOORで行われたイベントを見に行ってきました。
東京に行った時は、ハコの居心地の良さでライブ全体の印象が変わってしまうほど、
私にとっては重要なポイント。
7thは温かみのあるハコで長時間のイベントだったが、無理なく時間を過ごすことが出来た。

出演者は計7組。
クローバー
戸田和雅子
トリマトリシカ
humbert humbert
山田稔明(GOMES THE HITMAN)
iro
南風

この内のhumbert humbert、iro、南風(特に南風)を目的に行ってきました。
正直、7組も出ていたらどうにもこうにもってのがあるのが当たり前なのだけど、
今回は好みの差はあったけれど全部良かった。
17:30-23:00近くに終了という長丁場にも関わらず気にならなかった。素晴らしい。

さてさてお目当ての中で一番早く登場したのは。
humbert humbertです。静岡でのマカンマカンライブですっかり気に入ってしまった。
今日聞いた中で印象深かったのは「おかえりなさい」という曲。
新曲なのかな?初めて聞いたし、CDにも入っていないようだし。
すごくイタイ詩。イタくて泣きそうになった。
「アメリカの恋人」「メッセージ」が聴けて嬉しかった。
一番新しいCDを購入。「道の標に」が聞きたくて。けどなんか違った。
ハンバートはライブが一番良い。たぶん空気感が良いのだと思う。

次にiro。
実は今年の初めにmona recordsの行さんがやっていたM-ON!のTOKYO EXPOという番組で注目アーティストになっていた。
行さんを勝手に信用している私は、モナに行った時にiroのCDを購入をして聞いていた。
が、行さんが押すほどあまりピンとはこなかった。
そんなこともあり半信半疑でライブを体験。
ライブの方が断然良かった。ただ、流れていってしまうのがもったいない。
私にとって刺さる詩が無いからなのかな?まだ若いからそういうことかも。

最後に南風。
何度も私のブログで取り上げているが本当に楽しみにしてきた。
最初チケットをどうして良いかわからずオタオタしてたら、南風のブログで寺尾さんという方が応対してくれた。
事務的な話で終わると思っていたのに、とても温かいやりとりでありがたかった。
きっと素敵なマンドリンの音色を聞かせてくれるに違いない!
そして、会場で偶然南風のメンバーでもあるビューティフルハミングバードの光子さんに会った時、なんと声を掛けてくれたのだ。
静岡に来ていただいた時に手伝いをしていた私を覚えていてくれたのだろう。嬉しい…。
演奏はホント皆さんが楽しんでいるのがよく伝わってきたし、何よりいい曲ばかりだった。
セットリストをどうぞ。
1.忘れる季節(南風)
2.しんしんしん(はっぴいえんど)
3.君のうた(南風)
4.流線型(ビューティフルハミングバード/南風)
5.この街へようこそ!(オオモリゲンキ/南風)
もう1曲目の歌詞からやられた。
8名がいろんなバンドから集まってきているのに、息はぴったりだしいい曲を創ってるわけだしもう感激の一言だ。
3・5曲目は音源化されており、下北沢限定発売されている。
静岡に住んでいるから知らないでは済まない良さなのだ。
ホント楽しかった。行ってよかった。この一言に尽きる。



南風を聞いてますます1/21のエスケリータでやるオオモリくん(残像カフェ)のライブが楽しみになってきた。
やはりね、いい雰囲気なのですよ彼は。ちなみにチケットはSOULD OUTだそうですよ。
あと、久しぶりに光子さんの声を聞いてまたいつかじっくりビューティフルハミングバードを聴きたくなった。でもね、嬉しい情報をチラホラ聞いていて、以前のように気軽にはオファーできなくなりそうです。
でも、聴きたーい!


本当に良い日でした。
今日電車に乗るまではすっかり元気だったのですが、どうやら風邪を引いたようです。
帰りの電車がよくなかったかな?
青春18切符のため、各駅停車で扉が開く度、気を抜いて爆睡していた老体に冷たい風が吹き付けた模様。

新年早々、風邪モードの気配。
スポンサーサイト
2005.12
30
Category : モブログ
新宿で山の手線を待っていたら…
ウッドベースを持ち、背中にブリキのバケツ?タライ?を背負った人が!すごい素敵な絵面だ。
2005.12
29
Category : モブログ
20051229232104
食べ過ぎてしまったので、時間もあるし駅まで歩いて帰ることにした。

おいしかったよ。楽しかったよ。
音楽やアートや色々な話をたくさんして、いい時間だったなぁ。
委員会に入って本当によかった。ありがとう。
2005.12
29
Category : モブログ
20051229143001
12時から支度して13時からスタート。
今現在、既にお腹いっぱい。
2005.12
29
Category : イロイロ
本日は有給をもらったので、他の人より一日早く冬休みに突入。

今日は12時間耐久忘年会。
明日は東京。南風のライブに初参戦。

年末らしいことは何一つやっていない。
正月も来る気がしない。
けど、それでも時は流れる。

イロイロあった一年。
まぁいいや振り返るのは大晦日にしよう。
2005.12
26
Category : 音楽
そうやって出してきたいくつもの答え。
良かったと思えること、すんごく後悔してること、
まだ結果が見えないもの・・・
そしてこれから更に考えて選んで進んでいく道。

そんな私に寄り添ってくれた曲。
ちょっと早いけど今年の私の心に残る曲の紹介です。
(順不同敬称略)

・グラフィティー/残像カフェ
・暴れだす/ウルフルズ
・笑えれば/ウルフルズ
・はぐれ雲/斉藤和義
・ハテナの先/あぶぅ
・動いてる人生さ!/あぶぅ
・再会/こすもすとろう
・30/Amusement Tao
・おだやかな暮らし/おおはた雄一

もちろんこの曲以外にもいろんなミュージシャンから、
たくさんのパワー、癒し、励ましをもらいました。
たぶん、私はこういう風にしか生きていけないんだと思います。
だからこれからもたくさんの曲に出会いたいと思います。

ウタを届け続けてくれるみなさん、本当にありがとうございます。
2005.12
25
Category : 独り言
やっと終わる。私にとっては無意味な儀式。
毎年思う。平日に当たれと。仕事してる方がよっぽどいい。
ひがみだな、完全に。毒も吐かなきゃやってられん。
2005.12
25
Category : CD・PV
こすもすとろうという人。

この一年くらいで名前をよく見かけ、どこで区切ってよいのかワカラン名前が気になってた。
10月にストフェスでブッキングした「みちまち実験 路上ライブ」で初めて聞いた。
勝手な感想を書かせてもらえば、お洒落ではないが誠実で心がいっぱい詰まってるウタを唄う人。
静岡のウタウタイでは久しぶりにいい感触の出会いだった。

こすもくんの(こすも すとろうだそうだ)ウタで「再会」というのがある。
すごくいい詩で心に沁み込んで来る。たまらなく好き。
この唄を聞いた時まさしくそんな状態で、この人にこの唄にこのタイミングで
出会ったのにはちゃんと意味があるのだなぁと強く思った。

それからずっと「再会」が気になりどうしても音源が欲しくなった。
そして予めお願いしておいた音源をストフェスの日に購入。
結構グッとくる詩を書く人だ。
ぜーんぶ自分でやっているんだね。
本当に音楽が好きで好きでたまらないんだろうなぁ。
そういう心意気好きだな、私。

ちょっと今は活動をお休みしてるみたいですが、再開したら再会したいものです。
2005.12
25
Category : 飲食
久しぶりに行った。
何故このお店を私達は屋号ではなく「半分で」と呼んでいるか?
フライがあがるとお店の人がどんぶりに入ったソースにつけてくれるのだが、
その時のつけ具合をお願いするのにだいたい「半分で」とお願いする。
だから「半分で」と呼ぶ。

ここはおでんはもちろん、焼き物・フライも美味しい。
まずは飲み物を。
赤ラベル

黒ラベルはおなじみですが、赤ラベルってあるんですよ。
ここのお店で知りました。

で、おでん。なんでこの練り物「ロマンス」って呼ぶのかなぁ?
ロマンス


そして私の大好きなレンコン焼です。大きいでしょう?
レンコン焼


本当は四人で来るはずだったのにね。残念。忙しいのも寂しいね。


で2件目。
NATSでバリトンサックス吹いてるテツがやってる「鳥正」へ。
静岡中央郵便局横のガード下。
そこで、常連客と思われる少々口は悪いが気前のいいおっちゃんと話す。
私さぁ、自分で言うのもなんですけどおっちゃんにはホントうけいいんだな。
けどさ、もうちっと同じくらいの年齢層に受け入れられたいものだ。

一緒に飲んでた2人が「今年一年ホントよく頑張ったね」って言ってくれた。
誰かが認めてくれたからって訳じゃないんだけど、やっと頑張れたんだって実感が湧く。
ありがとう。二人からそう言ってもらえて嬉しかったです。
来年はもう少し輝けるように頑張ってみます。
2005.12
25
Category : ライブ
12/23、BOOM BOOM-BASHにて。
出演者はおおはた雄一、箱、今野英明。

もちろん、今日の私の目的は久しぶりのおおはた雄一in静岡である。
雄一くんと言えばメジャーデビュー以前から静岡にはよーくライブ
しに来てくれていて、こじんまりしたところでじっくり聞くって言うのが今までの感覚。
が、BOOM BOOM-BASH・120席。
やはり感覚としてでかいハコであるし、静岡といっても初なのでアウェイな雰囲気。

ライブが始まる。
な、なんですか!あの衣装は!
襟がついてましてちょっとキラキラして見えます。
普段着の雄一くんのライブしか見たことないのでまずそこでつっこむ。
まぁまぁ、それもいいでしょう。

セットリストはこんな感じ。(順番不安ですが)
Cancion Mixteca
不思議なくらい
いつもの珈琲
汽車の唄
あの子の居場所
EGO TRAIN
おだやかな暮らし
BLOWIN` IN THE WIND

雄一くんを初めて聞く方にはもってこいのセットリストでしたね。
「ラグタイム」出てから初静岡だったし。
なんかね、ライブから受ける印象とかどんどん変わっていくから、
嬉しいような寂しいような。
前は唄を聞かせる感じが強かったけど、今は大人数に向かって演奏を
見せ唄を聞かせるって感じ。当たり前のことなんだけどね。
ま、あくまで私の個人的な感想なのだけど。

やっぱりね、40人くらいのハコでこじんまりじっくり聞きたい。
新曲や高田渡さんのカバーなんかも聞きたい。
何よりアコースティックの音を知ってるハコで聞きたい。
申し訳ないけど、今回は素人の私が聞いてもよくなかった。
それが気になって気になって聞くことに集中できなかったよ。
あれじゃ、雄一くんの良さ全然出てないよ。ウタの良さが殺されていた。

私は雄一くんの声が好きだ。
だから声の良さが死んでしまうと曲が生きない。
「おだやかな暮らし」もうちょっとクル予定だったのになぁ…



箱・今野英明さんについては多くは語りません。
「40分だよ」と1ステージの時間を聞かされていたのだが、明らかな時間オーバー。
イベント終了したのが12時を回ると言うありえない状況。
長けりゃいいというものでもないなと思いました。
自分の好きなアーティストで前もってそれ位の時間に終了とわかっていたら
別だけど、どう考えても初めて聞く人にはキツイ流れでした。
(だったら雄一くんに一時間やらせてもバチは当たらんだろう。)
やはりいろんな人が来ているのだし、帰りの時間もあるし、その辺も考えないと。
これから何かやる時にはそういうこともよく考えてやらなきゃな。
いい勉強させていただきました。
2005.12
23
Category : スタッフ
みんな12時間耐久レースに備えているのか、こじんまりと飲む。
真面目な話もする。笑ったりもする。
すごく不思議なのだが、やはりこの集まりの居心地は相当よい。
難しい話も避けて通れないが、じゃあどうしていこうかなんて、
辞めることとか諦めることではなく続けるために考えたりする。
前向きの思考。
しかし、いつものことだが酒量は半端ない。
だいたいビールなんてそうは飲めないと思っていたが、わりと飲む。


さぁ、次に備え体調を整えよう。
その前に定番となっている持ち寄り作戦の品を考えなきゃ。
最近漬け物が続いたが、今回は違う路線にしようかな?
2005.12
22
Category : モブログ
私の住む地域では、うっすらでも積もることはまずない。が、今朝は…
こうなると温暖地域の人々は弱い。車が動いても路面が凍っていれば、あちこちで事故。もう乾いてるのにみんなビクビクして超ド級の安全運転。
で、電車に乗り遅れた私は15分遅れの電車を待っている。
2005.12
21
Category : 独り言
よく考えてこなしていく。

例えば仕事。
自分の要求を通すためには、それ以上の価値ある仕事をする。
口だけと言われないように「眠い眠い」とつぶやきながら、ヨタヨタと働く。

例えば私が今やっていること。
ボランティアスタッフ、サイト運営。
節目に来るたび今後のことを考える。
スタッフをやっていろんな方法が見えた。
せっかくだからそういうのを踏まえて前向きに考え直してみよう。


今日のシャッフルは「おおはた雄一」の曲が多かった。
きっとiPodも久々のおおはた雄一ライブが近いことを察しているのかもしれない。

心地良い音の中で、一つずつゆっくり考えてゆこう。
2005.12
19
Category : モブログ
20051219075700
こういう時は心くらいは暖めてあげよう。暖かくなりそなことを思い浮べる。

しかし寒すぎる。寒いのはキツイなりよ。
2005.12
18
Category : イベント
やっと気を抜ける。
急に寒くて風邪ひきそうだわ。

さて、イベント以外のことにも手をつけなきゃ。
2005.12
18
Category : スタッフ
ただいまぁー。
ホント、いい勉強した。
いろんなことをいろんな人から学ぶ。
私の糧になる。心のパワーになる。
そして思う。
もっともっと。

お疲れ様でもちろんありがとうだし、終わったぁー的な
安堵感はあるのだけれど、不思議なことにどちらかというと
これからもよろしくなのです。

近年稀に見る意欲とでも言いますか。
うん、なんかきっとそういう仲間なのだと思う。



勝手にご褒美
私にとって今一番大切な曲を聴いている。
うわぁ、やはり好きです。大好きです。
2005.12
16
Category : イベント
さて、Street Festival in Shizuokaネクステージのお知らせです。
アートステージ
12/16(金)~18(日)10:00-18:00(初日13:00~)
ギャラリー濱村(青葉シンボルロード沿い)
入場無料
展示グループ kino-kino/JAKE/内倉ガラス工房


ミュージックステージ
12/17(土)19:00open 19:30start
MAKANMAKAN(一番町)
\1000(1drink Included)
出演者 足踏/Aboutea♪/BOLE
(最優秀賞のHANPENは都合が合わなかったため上記3組のライブとなりました。)

一人でも多くの方と素敵な時間を過ごせたらと願っております。
後夜祭も兼ね、遊びにいらしてください。
詳しくはこちらをご覧下さい。
http://www.streetfestival-shizuoka.com


ちなみに日曜日の午後はギャラリー濱村におります。
先日、仕事後に設営を覗きに行ったのですが素敵な空間が出来上がりつつありましたよ。
2005.12
16
Category : CD・PV
そう、映画。「サヨナラCOLOR」を。
上映期間が短い上に、平日だと仕事終わりには寄れない最終上映時間。

仕方ないのでCD聞いてみる。SUPER BUTTER DOGですよ。

サヨナラから はじまることが
たくさん あるんだよ
本当のことが 見えてるなら
その思いを 捨てないで
(サヨナラCOLOR/詞・曲 永積タカシ)


今更だけれど私こういう暗いけど前向きな詩が
本当に好きだなぁとしみじみ思う。
で、永積さんの声も好きなのだよ。

そいでね、「明日へゆけ/詞・曲 永積タカシ」という曲。。
これも暗いけどやはり前向きでいい具合に励まされる。
だってさ、明日へゆけだよ。


最近、一つやるのにとてつもなく時間がかかったり、
考えてることをまとめたり、なんやかんやで寝不足気味。
まだまだやらなきゃいけないこと、考えたいこと、
考えを形にすること、イベント、忘年会、ライブ…
のろまな私には時間が足りん。

でも今日は寝る。眠いのだ。満腹だし。
2005.12
16
Category : スタッフ
昨日、イベントの反省会。と言ってもまだあるのだけど。
スタッフ1年生の私はオタオタでしたが、やはり参加してよかったというのが感想です。

この一年を通し、かけがえのないものを発見!
会議の後の話し合いで数々の提案を生み出す女4名。
「チーム ロイホ」「ちーむ チェリビ」「チームでにいず」
その日の場所でチーム名は変わるが、いろんな意見が飛び出して
私にとってはとても有意義で大切な時間であり、
上手く言葉に表すことは出来ないのだけどすごくいい仲間なのです。

みんないろんなことを考え、いろんなことに向かいたいと思っている。
大きいこと小さいこと。けどとても大切なこと。
私も思う。
いきなりいろんなことは大変だけど、まずは一つ一つやりたい。
こっそり自分の中の目標は決めている。

今後もいい感じでお茶をして、ぽっこり何かの企画を生み出すのかもしれない。
えぇ、今はまだですが。
2005.12
14
Category : モブログ
今日こそ自分で考えるのだよ。
2005.12
13
Category : 独り言
自分がね。
何が本当かわかんない時、特にね。
いつも言葉が足りない、なのに言い過ぎてしまうこと。
後悔しないつもりの言動が、元を辿ると後悔の原因だったりすること。

最近は残像カフェばかり聴いている。
「今宵&みゅーじっく」ってアルバムがあるのだけど、
最初は他のに比べてどこか聞きづらくてあまり聞かなかった。
改めて聞いたら好みの曲がたくさん入ってたんだ。
今日これいいって思った曲の詩。

そうさ、分かり合えないこと認め合って
お互いから見える風景を想像することのほうが素敵さ
(真昼の出来事/作詞・作曲 大森元気 編曲 残像カフェ)

このめっさハードなメロディーが意外といい。
で、思う。いつも私は自分ばかりだなと。
人を見る余裕がない。もうちっと何とかしないといけない。
そう、もういい大人なのだから。

2005.12
12
Category : 音楽
今朝の通勤時。
「南風の君のうたが聴きたいー」と思って愛しのりんごちゃんを手にする。
「ぬわにぃー、充電切れてる…」
もうショボーンである。こんなんじゃ一日が始まった気がしない。
そうなのだ。聴きたい唄を聞かずして私の一日は始まらない。
かかっている曲ではなく聞きたい唄。
つまり車内で入れっぱなしになってる「青春ブルース/斉藤和義」ではなく
その日の朝に聞きたい一曲。

ipod.jpg

明日に備え充電中のりんごちゃん。

迷ってたけど決めた!
南風を聞きに行こう。年末、東京に行くぞっ。
2005.12
11
Category : 独り言
ほとんどの人が知らない裏を消す日に。
全て仕組まれていると思う。
自分でよく考えろと言うことだと思う。
2005.12
10
Category : CD・PV
先日のストフェスでのこと。
あぶぅさんがイラストレーターのまつもと俊介さんと
コラボした「君のドア」というDVD-Rを発表した。
kiminodoa


7曲入りのPVで私はいたく感動してしまった。
中でも「君のドア」のアニメーションと
「ハテナの先」のロードムービー的な仕上がりが
ウタに合っていてジーンときてしまった。

まだ見ていない方、絶対買いの一枚です。
ライブ会場、もしくは下北沢mona recordsにて販売中です。
ちなみにライブですが、12/25MAKAN MAKAN、12/30mona recordsです。
2005.12
10
Category : 音楽
絶対に行く。
1/21(土)エスケリータ68に。
だってだって、大森くん(オオモリゲンキ 残像カフェ)が来るんだもん。
しかも対バンがHARCO(スズキアルトのCMソングの人)。
っていうか、お店としてはHARCOメインなんだけど、
私は大森くんメインです。

確か生で聴いたのが4月位だったから、随分聴けてない。
すごーく楽しみなんだが、不安が一つ。
一人で行くのは構わないんだけど、浜松でしかも佐鳴湖近く。
私の運転で着くのかしら?そして帰ってこれるのかしら?
軽ーく心配。

明日、予約電話しよっと。
2005.12
09
Category : スタッフ
今日はストフェスのスタッフであるS嬢とM嬢と一緒に
とあるセミナーに出掛けた。

せ、先生。難しすぎて全然わかんないっす。
しかも話しベタで何の説明かわからなくてつまんないっす。
極めつけはこの進行表ですよろしくチックな資料…
なんかもうちょっとないっすか?

終了後、気を取り直して3人で「チェリビ会議」
久しぶりに食べたチェリビのポテトはおいしい。
今後私達が出来ることを頑張ろうねって話した。
まずはNexstageだな。

そしてまだまだ続く衝撃のブラックホール。
あぁ、一体あの日の私はいつから記憶が曖昧なのだろう。
すみませんが、その話も記憶にございません。
どこまで吸い込まれているのだろうか?
どうやら相当普通に振る舞っていたらしい。
あぁ、ホントイヤだ。

2005.12
06
Category : モブログ
20051206221444
手帳を買った。
いくら好きだからって青ばかりなのでたまには元気が出る色を。

パワーをください。
2005.12
06
Category : 音楽
うわぁー、相当気になる。

下北沢mona recordsの店長、行(ゆき)さんによるお店の日記。
「よっしゃあ!」を読んでみて。

全国的に募集だって。
「日本の素晴らしいポップスを有名無名にこだわらず紹介する」ってのがいいね。
ま、ポップスだけかよって話にもなるのですが…
2005.12
05
Category : モブログ
20051205140245
ってしてる。今日の空気。
さっきお使いで外出したけど、寒くてかなわん。
で、眩しくてかなわん。冬だねー。ヤダねー。
2005.12
05
Category : スタッフ
なんか私の回顧録だとストフェスのスタッフってすんごい大変みたいなイメージ?

いえ、そんなことはないのですよ。
2月から準備してきたけど、みんな好きなことをやりたくて
集まって来た人たちだから刺激もくれるしワクワクするし、
大変じゃないって言ったら嘘だけど、すごーく楽しかった。
そんな中に入って「これやりたい」って言ったことがカタチになって
いくのはもうこれぞスタッフの醍醐味で。

それにね、何よりも作業の後に打ち上げする機会が多くて、
学生から40代までいろんな世代のいろんな立場の意見が聞けて、
それだけでも私にとっては十分価値のある出来事だった。

きっと来年はもう少し余裕持って当日を過ごせると思うんだ。


私はサイトを始めて、お客でありながらそうではない立場になった。
実はそのことを随分考えてしまったこともあった。
スタッフになるのも本当はかなり迷った。
でも、ストフェスの実行委員会入りがいろんなもどかしさや迷いを
払拭してくれたし、私に新たな希望をくれた。


「はぐれ雲/斉藤和義」が私に囁いた。

ここで遠回りしてなんになる
描き続けた夢はすぐそこなのに
足踏みしてるだけじゃまたいつかと同じで涙こぼすだけ
争いなんて嫌いだよ
そりゃそうだけど逃げてるだけならそれは違う

(耳で拾ったから漢字の使い方とか違うかも。その前に載せていいのか?)

斉藤和義氏に感謝。
そしてあの日この曲を唄っていたあなた達に感謝。
これがなかったら私はずっと逃げたままだったから。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。