RSS
Admin
Archives

kiku-きまぐれ日記

好きなものは好き!特に音楽! と言いつつ、凹凸な日々の中で感じていることを音楽に限らず綴ります。

プロフィール

ナミヘイ

  • Author:ナミヘイ
  • 静岡在住。特にアコギの弾き語りが大好き♪
    最近はバンドにも興味津々。
    思いたったらまっしぐら~なところは齢をいくら重ねても直らない。
Twitter...
最近の記事
メール
件名に「ナミヘイ」と入れて下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.05
29
Category : ライブ
なんだかすでに昨日のことは夢のよう…

残像カフェの「めくるめく僕らの毎日」レコ発ライブに参戦!
ゲストはビューティフルハミングバード
BHBのことは別枠で書きます。嬉しいお知らせもあることだし。

私が残像カフェとして見たライブはまだ3人でやってた時。
と言ってもそれも2回しか見たことないし、その内1回はインストアで簡易セットだったからバンドというキチンとしたものは偶然彼らのライブに出くわした時だ。

あれからメンバーの脱退を経て、大森くんが残像カフェの唯一のメンバーとなった。
現在のサポートメンバーはギターの高木さん、ドラムの川上さん、ベースのなおみさん、キーボードの柳沢さんだ。

新生残像カフェになってから、ライブに行けない私が知っているのは今回のアルバム一枚だけ。
ちょっと不安だった。アルバムの曲を聴く限り、3人でやっていたころと傾向が変わっているようにも思っていて。でもそれは悪いことではないし、新しいものに挑戦していくのは素敵なことだ。
ただ個人的には前の方が好みだったと言う話で。

会場に入って抜群にいい場所を確保。
バランスよさげなど真ん中、フロアより一段高くなってる最前列。これで表情もバッチリ見える。

実際にライブでガーンと聞いちゃうと、いいものはいいのだ。鳥肌たつよ。
で、やっぱり不思議なのだが。
大森くんの声は楽器の音に埋もれちゃいそうなのに、絶対に埋もれないんだよね。
出音はリズム隊が大きめで高木さんのギターがもう少し出てたらいいなと思ったけど、あんだけ低音が出てるのに負けない大森くんの声。
楽器に埋もれて詩が聞き取れなくなっちゃうボーカルもいるけど、関係なし!


あぁ、相当話ずれた。
セットリストはこんな感じ
不覚にも「グラフィティー」でボロボロ泣いてしまった。
この曲は前作のアルバムに入ってるんだけど、苦しい時によく聞いた。
今もあんまりいい方ではなくて、まさかやると思っていなかったのもあり不意打ちくらった感じだった。

後はとにかく楽しかったなぁ。
個人的には「エール」「GOIOG GOING」「日なたにて」「放課後ラブ」がよかった。
みんなが楽しそうで、私の隣にいらした大森くんのお父さんと思われる方も楽しいよオーラ全開で、
楽しくて楽しくてたまらなかった。


バンドものをほとんど聞いていなかったけど、改めていいなぁと思う。


余談だが高木さんのシャツのボタンが4つくらい開いていてドキドキした。
セクスィーなんだよー、あの人。初めて見たけど。
でも「きみが空にのぼってしまう夜」が始まる時には一つ閉めて落ち着いた雰囲気でね。
曲のニュアンスでちゃんと変えてくるあたり「おぉー」って思った。


支離滅裂だけど、とにかくよかったーって言いたいのだ。


今度はソロを聞きに行くよ。6/25のエスケリータがますます楽しみ。
スポンサーサイト
2006.05
28
Category : モブログ
やっと、本当にやっと見に来れた。新生残像カフェ。
想像してたより、ずっとずっとすごかった。
詳細は後日。

生き返った気がする。もがいたっていいんだよね?
2006.05
28
Category : モブログ
残像カフェのライブに行く前に、葉谷さんの写真展を見に行く。

彼の撮る写真は好きだ。サイトでしか見れなかったカラーは生き生きとしてる。人物も温かみを増してる。実物の良さだなぁ。

やっとテンション上がってきた!ライブ楽しみになってきた。
2006.05
27
Category : 映画
人の評判が結構良い上に延長上映も決定した映画、かもめ食堂
最近見たい映画があってもなかなか思うように足が向かずにいた。
今日は人が「こういう気持ちが沈んでる時こそいいものに触れた方がいいよ」と。
そんな言葉に背中を押されサールナートへ。

映画はシンプルで素敵な空気が終始流れていた。
日常の小さな何気ない行動・風景、今そこにあるものに向き合うこと。
もっと心のままに正直に生きてもいいのかもしれない。
もたいまさこがいい具合に笑わせてくれた。クスっとした。何度も。
フィンランドの風景も素敵だった。
でも、きっとココにいたっていい風景はある。
ただ私が空を見上げること、風の音を聞くこと、緑を感じることを忘れてただけ。
北欧で頬張るおにぎり。なんでジーンとくるのかな?

北欧は惹かれる場所だな。
2006.05
25
Category : 独り言
ここではマイナス発言止めたんだった。
んー、ほどほどに頑張る。
私より一度にいろんなことしてる人、頑張ってる人、負けるもんかと耐えてる人…
いろんな人がいるものね。
やれるやれないは置いといて。気持ちくらいは負けずに行こう。
2006.05
24
Category : 独り言
重症だ。

音楽モードにちっとも入らない。
残像カフェのレコ発ライブが近づいていると言うのに。
素敵な日曜日はもうすぐなのに。
今は通勤の往復しかも車の中だけだから計40分弱程度音楽に触れるだけ。
ただ流れている。折角と思い予習しているんだけど。
好きな音楽さえ流されていく。

今朝のガックシ。
6Fで降りるのに考え事してたら人につられて4Fで降りたらしく、他社の扉の前まで来て
ようやく「あ、違う階で降りちまった」って気づいた。
日々繰り返してることなのに嫌になっちゃう。
2006.05
22
Category : イロイロ
小田さんのシングルCDを購入する時、送料無料にしたいがために本をついでに購入。
「包帯クラブ/天童荒太」

いつだかブログに書いた。
少し読み始めた。いきなりギクッとする。
冒頭からして気持ちを持っていかれる。
これは高校生の話なのに。痛いほどわかる。
私の時は止まったままなのかなぁ。


「そして、失ってしまった人たちは、知らず知らずのうちに、今度は持ち去ってゆく側に回っている。」

人は大切なものを失っていたり持ち去られて、自分のことは敏感なのに人のことには鈍感かも。
いつも気をつけようと思ってる。
その先にあるものにまで気を配らないといけないとは思ってる。
ただ出来てはいない。自分の欲には勝てない。
大切なものを大事にしようとしたら何かを壊してるのかもしれないんだ。
たった数行が重い意味を投げかける。グルグルして、切なかった。

この後どんな風に展開していくのかな。
2006.05
21
Category : 独り言
入れやすいとか、入っちゃうとか、乗せやすいとか。
最近すごく明確になってきていて、逆に入らないものがあり葛藤中。
こんな状況じゃいけない。でももう自信ないな。

何をしてたら気持ちが充実するのか…。
前向きになったらなったで、気持ちが入りにくい物事が出来なくなってきた。
後ろ向きの時はとにかくがむしゃらにやってきたはずなのに。
そうしなきゃ怖くてたまらなかったはずなのに。
適度ということがどんなに難しいか。
バランス良くできるほど器用じゃないんだなぁと改めて思う。
2006.05
21
Category : モブログ
20060521135100
わぁ!レンタル屋なんてほとんどきてなかったけど。
静岡も捨てたもんじゃない!

残像カフェの新作がNEW SPIRITS!のコーナーでレンタルできます。

ちなみにペガサート店。でも月末に閉店だって。センスのいい店員さん、移動になっても力を存分発揮して~。
2006.05
20
Category : CD・PV
シングルCDを購入した。
きっかけは以前ブログに書いたけどテレビ番組。

風の坂道/小田和正

荷物を開けて驚いた。懐かしの細長い形態。
で、いつ発売のものか見たら…1993年だった。
つまり13年もの時を越えてテレビで流れてるってこと。

色褪せない大切な言葉たち。

「こうしてこの時が 続けばと願ってから
 人生はやがて たしかに終わると感じた」(詩・曲/小田和正)


いつ失っても後悔の無いように日々を送りたい。
そのためにも大切なものを忘れないでいよう。
2006.05
18
Category : 独り言
まだまだだなぁ。
試練、試練。
自分で自分を追い込み過ぎないこと。
もっとちゃんとできるように少しずつ頑張るか。
2006.05
17
Category : イロイロ
疲れています。右足の付け根が痛いです。いつものことです。
が。靴底の減り、内側と外側が極端に違うため余計に負担が…
新しいスニーカーがほしい。
その前に均等に減るよう、正しく歩きたい。
2006.05
14
Category : モブログ
20060514190000
この一週間雨や曇りで暗い空しか見なかった。
この時間にここに来れてよかった。ありがとう。
2006.05
14
Category : イロイロ
フジテレビ系列で昨晩、「奇跡の動物園~旭山動物園物語~」を見た。

旭山動物園は最北端あり、今や日本一の入園者数を誇る動物園だ。
これは動物園の話だったけれどきっと何にでもあてはまる話で、見せ方伝え方一つで
100の内50しか見せられなかったものを限りなく100に近い形で見せることが可能なんだと思った。
そのためには諦めないことと、よく知るということ。

旭山動物園には遠くて行けないけれど、動物園に行ってみたいなと思った。
命が生まれ去っていく場所。命の温かさと重み。
ドラマではそのことを重要なメッセージとして伝え続けた。
当たり前のことかもしれない。けれど、私にはその感覚が無かった。
「動く標本」位にしか思っていなかったかもしれない。

私が生き物をほとんど飼わないで過ごしてきたのは怖かったからだ。
ドラマを見てふとそう思った。
自分の命以外は怖いものだから、だからこそ深く関わることを避けてきたのかもしれない。

なんの話かわからなくなったけれど、ただの奇跡の軌跡っていうドラマじゃなくてたくさんのものが詰まっていた。
2006.05
12
Category : イベント
今回神戸に来たのは新開地音楽祭を見るため。
私がスタッフとして参加しているストリートフェスティバル・イン・シズオカのように街中で音楽のイベントをやっているのだ。
アートイベント・音楽の大規模なフェスティバルは数多くあるが、街中でとなると意外とピンとくるものはない。
そんなことで少しでも勉強できるところがあればということで。

あいにくの大雨。
しかしそんなのものともしていない。
テントをガンガン張って、お客さん用のテントもメイン会場やパフォーマンスステージ前では張ってくれてある。
アーケードの商店街を利用していることもあり、6ヶ所中4ヶ所は傘無しで見ることが出来た。
main2

ここは傘必要だったけれど、結構聞き応えのあるものやってました。

商店街を歩くとこんなフラッグが。
hata

新開地音楽祭とジャズヴォーカルクイーンコンテストを合わせたプロジェクト名なんだって。
しかし…考えられないほどの大音量なわけですよ。
店のまん前でドラムのフルセット組んで、バンド専用のステージもあるのです。
もちろんアコースティックや落ち着いた傾向のステージもあります。

このイベントで驚いたことは、機材がすごくしっかりしていることと、年配の方(何かの団体?)がお客の誘導をやっている。
この謎は後で実行委員長にお話を伺った時に明らかになる。

さて。神戸アートビレッジセンターにも立ち寄る。
この施設はすごい。シアター・ホール・ギャラリー・リハーサル室・アトリエ・スタジオ・会議室。
一階のサロンはいろんな地域のアート・お芝居のチラシがたくさんありゆっくり時間を過ごせる。
静岡にはないタイプの施設だと思った。


話は実行委員長に戻る。
名刺を交換し、ものの5分も経たないうちに「出来る人」だとわかる。
職業柄話すのも上手だ。
このイベントの成り立ちはざっくり言ってしまえば「人が来る街づくり」だ。
街の再生と言っても良いだろう。女子供が一人で歩けない街。そのイメージの払拭だ。
これで謎が解けた。
イベントスタッフにしては明らかに年配の方が多かったり、商店街で大音量ライブがやれたり…。
年配の方々は地元の消防団。商店街からの苦情もあるが概ね協力的だという。
スタッフも「新開地」が好きという理由で集まってくる人が多いらしい。すごいなぁ。
でも静岡が協力的ではないと言ってるのではありません。
協力はしていただいています。
多くを書けないけれど、ひとつ違うのは「官」の在り方かな?
ストフェスは「であい」の提供が根っこ。
新開地音楽祭とはイベントの成り立ちが違うからなかなか難しい部分もあるけれど、
話を聞けて勉強にはなったなって思う。


神戸のイメージ。アートや音楽に力を注いでいる街。それが街の一部で、街づくりの中に普通に入っている。
「文化振興だ」と声高に言い、お堅いものだけを文化と位置付けたり、ソッポ向くとこもあるこの世の中。
神戸はすごい街だった。イベントだけじゃない。廃校や倉庫を活かすこと。
使わなくなったものを壊し使い勝手の悪いハコばかり造ってる場合ではない。
新しいものはそのうち古くなる。再利用すべきなんだ。


神戸に行ったことでいろんなことが見えたし感じることが出来た。
すごい素敵な街でした。
2006.05
11
Category : 独り言
日にちまで教えてもらっていたのに、曜日だけ見て録画してた。
確認して録画したのに見たかったものが映ってなくて???

あー、一週間間違えた。最近物忘れと思い込みが…。
そっか、まだ先か。遠いな。
2006.05
11
Category : イロイロ
神戸話の続きです。

元町を縦断し北野方面を目指す。
数々の気になるもの。
キャベツ焼き・餃子屋・肉屋の行列。
餃子はチラリとも見えなかったけど、カウンター10席程度が15時過ぎにはオールおっさん。
肉屋の行列はきっと神戸牛のコロッケを買う観光客に違いない(妄想)。

到着した場所は北野工房のまち
廃校になった小学校を利用している。
kitano

21の神戸に関わる工房が集結。お菓子から工芸まで。
私の場合は何故寄ろうと思ったかというとパンがおいしそうだったから。
でも行った時間が遅めだったのでほぼ売り切れに近い状態で欲しい物が無かった。
この場所は懐かしい。小学校の思い出なんてほとんど無いのにこの安堵感はなんだろう。

さぁ、私がこの日一番楽しみにしてた場所へ!
BASKでございます。
紅茶好きな私は、遠方に出掛けた時にはそこでしか入手できないものがないかと調べたりします。
今回ヒットしたのがココ。
英国王室エリザベス女王Ⅱ世の御用達店としての栄誉を授かるH.R.ヒギンス社の販売代理店である。
しかも販売代理店はロンドンとここ北野の世界に2ヶ所だけ。
扉を開くと柔らかく上品な空気が漂っている。
目星はつけていたが名前を忘れてしまって店員さんに聞く。
茶葉の香りを確認。グレープフルーツの中にフローラルの香り。
どんな紅茶が好きか、どうやってここを知ったのかなど、試飲用のアイスティーを頂きながら店員さんと話す。
SPRINGというベリー系のフレーバーティーだ。おいしー。
「Blue Lady」に決めて購入。
「遠くから足を運んでいただいてありがとうございます」とサンプル用の茶葉を付けてくれた。
お店の宣伝もあるだろうが、嫌味な感じも通販に繋げたいという欲丸出しな感じも一切ない。
気分良く店を後にした。

その後北野界隈を散歩。
三宮駅前で恐るべき光景を目にする。
daionryo

そんなでかい音出して捕まりませんか?イベントでもないみたいだし。
いくらなんでもドラムはフルセット、発電機持ち込んでアンプにつなげ、でかいスピーカーからです。
静岡でやったらえらいことになります。
スゲーぜ、三宮。


さて、一日の〆は飲まなくちゃ終わりません。
他のメンバーと合流し店探し。
三宮集合だったのに結局元町まで歩き、ホルモン焼きのお店へ。
「バラ」「バラ」「焼き山芋」「バラ」「焼き山芋」
気に入ったものはしつこく頼みます。「バラ」が何かも知らずに(笑)
ビールも旨いねぇ。
自宅に帰らなくていいってなんて幸せ!いい子にしなくて良いんですもの。酔っぱらったままでいいんだもの。


神戸に来て思ったこと。
居心地が非常に良い。押し付けがましくないし、かと言って壁も無い。
これは勝手な意見だけれど、大変なことを乗り越えてきた土地柄と気質か?
好感触!次の日の新開地がとても楽しみになった。

更に続く。
2006.05
09
Category : 独り言
昨夜早目に布団に入ったのに、街灯がパカパカ点いたり消えたりちらついて、気になりだしたらダメだった。

眠い。

毎週火曜日は30分早出。

今日は弁当なし。
昼に買いに出るのが嫌になると思い、駅のベルマートへ。
二ヶ所あり、いつも寄らない方に行く。
だって、職場の子が「目の保養がいる」と言ってたから。
嘘つき。いないよ。昼じゃないとダメなのか?

仕事。
テンパりすぎた。一つのことに集中したら周りが見えなくなった。
状況判断が甘かった。悔しい。

昼食。
割箸が入っていない。いつもなら職場に大量にストックされてるのに何故かゼロ。
おりぎり買っといて良かった。けど、足りない。でも動きたくない。
お茶でごまかす。

仕事。
なんとか終了。午前中の反省会。凹。

帰宅。
地元CATVの音楽番組を録画したはずなのに、再生したらTVショッピングだった。チャンネル間違えた。
楽しみにして帰ってきたのに…凹。


失意のまま。あー疲れた。


でも、明日は切り替えていこう。
同じミスは繰り返さなきゃいい。
さっきちゃんと確認して録画の準備をした。
街灯のパカパカの速度はだいぶ低速になったし、窓周りをガードした。
で、弁当を持っていこう。箸も準備。

今日よりマシな一日が訪れますように。
という訳で、神戸の続きはまた今度。

2006.05
08
Category : イロイロ
5/6・7で新開地音楽祭の視察を絡めながら神戸観光。

当初は大阪で知人に会う予定だったが、残念ながらすれ違い。
と言う訳で、神戸観光に。

新幹線を新大阪で降り、在来線に乗り換え。あっという間に関西弁の渦。聞いてるだけでソワソワする。
30分弱で三宮に到着。

ホテルに荷物を預ける前に神戸市役所へ。
24階が展望室として無料開放されている。静岡市役所とは訳が違う。
観光客がたくさん。レストランと喫茶店。素晴らしい眺望。
お役所という独特な閉塞感や隔たりがあまり感じられない。
イメージとしては優しい。勝手に「復興を官民共にしてきたからかなぁ」と思う。

いよいよ出動。
神戸波止場町TEN×TEN へ。
噛み砕いて言ってしまえば倉庫の活用です。その方法が素敵。クリエーターの活動施設。
今年の2月オープンでまだ広報活動が軌道にのっていないのかお客さんは少なかったけど、おもしろかった。
1時間の予定だった。各ブースも入りやすそうで入りにくい感じ。
それを払拭してくれたのがスタンプラリー。
ブース内に動物が隠されていてそれを見つけたらスタンプをもらえる。
それが粋な隠し方してるの。最後の方は見つける度にガッツポーズだった。
28箇所あったのだけど、このお陰で素通りしてたブースにも立ち寄り、店主と話し、
「わからなかったらヒントをあげるから頑張って」とにこやかに励まされ…
ここでも感じる。押し付けがましくない人の温かさや適度な心地よさ。


滞在予定時間を1時間ほど過ぎ次の場所へ。
神戸港震災メモリアルパーク
なんの予習もなしに名前だけでここに来るのを決めた。
sinnsai

いつか来るその時。いつも背中合わせ。
震災の爪跡の向こうに復興がある。

さぁ、北側に移動。


でも今日はおしまい、また明日。
2006.05
08
Category : イロイロ
覚え書き。
・神戸市役所
・波止場町TEN×TEN
・神戸港震災メモリアルパーク
・キャベツ焼き
・北野工房のまち
・BASK
・元町で飲み
・新開地音楽祭
・神戸アートビレッジセンター
・たこせん
・マサちゃん

おそらくこのG.Wは人生初の充実っプリだったと思う。
清水をベースに前半は東へ後半は西へ。
とてもとても楽しかった。
たくさんのものに触れ、たくさんの人に会い、好きなものを噛みしめる。
心の眼鏡を曇らさぬようにしたいです。(お茶の子菜々?での話が忘れられない)
みなさんどうもありがとう。

2006.05
06
Category : モブログ
20060506121916
曇天。でもいい景色!ご飯食べたら散策に出掛けます。
2006.05
05
Category : イロイロ
「シティーループ」
「波止場町TEN×TEN」
「BASK」(H.R.ヒギンス社は、イギリス屈指のコーヒー・紅茶の専門店)
あちこち行きたいのだけど。ぶらりと過ごしたいねぇ。
でも日曜日は雨っぽい。雨の日のイベント見学となってしまうのか?
2006.05
05
Category : ライブ
清水駅前銀座商店街で行われた10回目を迎えた恒例のライブ。
今日はなんと18組も出演!
が、体力的にしんどかったのとお目当てがある程度固まっていたので
ゆっくりめの外出。
お目当ては塩倉亮治Amusement Tao。ホントは鳥井沙樹子もだったのだけど。起きた時間でした。

塩倉くんは「TIDE&WAVE」というボサノバ系雑食バンドのギタリスト。
私はバンドは見たことないのだけど、塩倉くんのソロを何度か見た。
「今時の大学生はしゃれてんなぁ」と思っていたのだけど、徐々に印象が変化。
意外と骨太な気がしてる。ハートの問題なのかな?
ライブ中のリズムの取り方が結構好き。
で、詩やメロディーが頭の隅に残ってるんだよね。いい意味で気になる。
ちゃんと聞いてみたくて今日やっとCDを購入。
帰りにまずは詩をざっと読んだのだけど…。
塩倉くん何歳ですか?ピュアなのか精神的に年取ってんのかわかんないけど。
風景というか情景がわーっと目に浮かぶよ。ノスタルジー。


お久しぶりーのTao。と言っても私は昨日も青葉にストリート聞きに行ったのだけど。
今、2人の活動が貴重だから。2人の力強くて優しいウタ。
しかし、岡村氏の声はずるいなぁー。マイクを通すとよりエンジェルぶりに磨きがかかる。
あ、久しぶりだからって褒めすぎかな?
竹田氏もMCのこと考えなくていいせいか、ソロの時より伸び伸びしてる気が。
回数は減ったけどこうやって活動を続けてくれるのはありがたい。


サポートなしの練は久しぶりかな?
いつも思うのだけど無条件に心地よいんです。私はその空間に漂います。ユラユラ、フワフワ。
やはり「魔女」ですよ。音源化してください。
難しく考えてしまいそうだったことを一旦クリアにできた気がしました。
すばらしい人に触発されることは素敵なことだけど、同じ様にはできないもんね。
私は私が出来ることをやればいいんだ。



ライブの仕掛け人チャオさんとそれを支える人達がいて、今日も私は楽しむことが出来ました。
大感謝!
苦労も多いでしょうけれど頑張ってください。応援してます。
2006.05
04
Category : 独り言
心を解くことは難しい。
自分の気持ちを押し付けることとは違う。
なのにうっかりしてしまいそうな私がいる。
だからやっぱり自分の意識を強く持たなくてはいけない。

一日一日が過ぎ去っていく。
時間は奪われていく。
たぶん誰にも理解されぬ個々の幸せという形。

今日という日を無事に終えたこと。
自分にとって幸福な時間が流れたこと。
誰かの話を聞けたこと。
理解できなかった部分がスコーンと心に落ちてきたこと。
胸がいっぱいになったこと。

何も答えられなかったこと。
そしてどうにもならないこと。


伝えていいこと聞いていいことがどこまでなのかわからない。
だから自分の心の中で全てに対して距離を探り続ける。
それでもそれはそれで幸せなのだと思う。
私の前で笑顔を見せてくれる人たちがいる限り。
大切なものがわかってるって、どうあれそれが一番幸せなこと。

だからきっと私も幸せなんだと思いたい。
2006.05
04
Category : モブログ
20060504142846
お決まりの曲でスタート。
ここは何も考えなくていい場所。フラットになれる場所。
2006.05
03
Category : ライブ
ドリプラシーサイドライブに行って来ました。
G.Wを皮切りに10月まで毎週土曜日に行われるライブです。
無料なのとロケーションがいいのと思いもかけない組み合わせで楽しみにしています。

今日はぎっくりquicheあぶぅの3組。
本日のお目当てはぎっくりとあぶぅ。

ぎっくりのライブはお久しぶりーって位行ってなくて。
楽しんでって頂戴って心意気と、何よりも楽しそうな彼女たち。
やっぱり笑顔が出ないようじゃいかんなーとぎっくりを見る度、自分自身を戒める。
笑顔から溢れるウタは潔くって好き。
彼女たちがいつだってパワフルなのは(そう見えるの、私には)、きっと笑顔を忘れないからだと思う。
そして大好きなウタを届けるんだって強い気持ちがあるから。
私が言い切るなって話だけど、そういう風に感じるんだよね。

あぶぅさん。最近何本か見てるんだけど、サポートメンバーが変化するので演奏もいろんな表情を見せる。
今回は最近やってなかった「ハテナの先」もありで個人的には好みのセットリストだった。
「君のドア」の2番は特にグッときたなぁ…。
今日はいつも以上に全曲言葉に気持ちがう~んと入ってる気がした。


で、タイトルは?ってことなんだけど。
最近、ウタを聞くのに自分自身を投影できるかってのがポイントになってきている。
詩そのものでも、ライブの空気感でもいいのだけれど。
当然他人が作るものだから、全てを投じることができないのは当たり前なんだけど、
いかに近いか(うん、わかるわかるって感覚)が今の私の最大の関心事。
現在は「これ恋愛のウタですー」ってのが滅法ダメらしい。思考回路が急停止する(苦笑)。
恋だ愛だ言う前に、もっと人として優しく強くなりたいんだ。
だからどんな風にも取れるウタが好きです。
恋にも友情にも人生にも置き換えれるウタ。そんなウタが投影しやすい今日この頃。
そして何よりも大切なのは、いい空間作りができてるウタ。そこに身を置きたくなるから。

少なからずとも人はウタに自分を重ねる。
「このウタここまではわかるわー、でもこの先はこんな経験無いからピンとこないなー」とかね。
けど、例えばそれに纏わる話を聞いたら急に素敵なウタに思えたり。


想像力低下中なので今の自分を重ねることしかできないのかも、私。
2006.05
03
Category : モブログ
20060503135302
シャトルバスの待ち時間が結構あったので、清水駅からドリプラまで歩くことにした。
テクテクテク。二十分程で到着。
電車にしてよかった。駐車場には長い列。

人も多いな。もうすぐライブが始まります。楽しみ!
2006.05
03
Category : イロイロ
お出かけ予定がない唯一の日。
ドカッと溜めてあった作業を地道にこなす。

やっとライブスケジュールを更新。
郵送するデータの準備。
ストフェスの印刷物の校正。
アプリケーションをパソコンに追加。

で。
パソコンの動きが鈍くなったのでいらんソフトは捨ててしまえと、酔っぱらったままサクサクと作業。
ありゃ?再起動を求められてるぞ?ま、いいか。
再起動。
???????
テレビがつかない。なんちゃらがないとか言ってるぞ。
私のパソコンはTVと一体型なのだがどうやら調子に乗ってTVを動かすものまで捨てたらしい。

冷汗……

あー、リカバリー取っておいてよかったぁ。
がしかし、捨てたものと同じ名称のものが見つからない。
それっぽいものを入れて再起動したのに今度は違うメッセージが。

大汗……

ええーい。ヤケクソだ。
TV関係のものを全て入れ替えだ!これで起動しなけりゃ嘘だ。
覚悟を決めアンインストールと再インストール。

再起動。

TV、ついた。あー良かった。

デスクトップ上の景色が変わっているが気にしない。
きっとサクサク消したせいだろう。ま、元々使ってないしさ>ランチャー。


でもね、捨てられないの。ゴミ箱の中身が。イラレのファイルだけ残ってる。
作業中で削除できませんって意味がわかりません。
何もしてませんって。

どなたか教えてください。容量が食ってるのはゴミ箱に違いないのです。
2006.05
02
Category : アート
昨日の続き。
ガラス作品というと大概「お皿とか?」「なんか動物とか作ってあるやつ?」と言われます。
いいえ、私が見に行ってきたのは違うのですよ。

上村由希さんの作品はアートです。
(サイトメニューの2段目、サイズをクリックすれば作品が見れますよ。)
絵を見るような音楽を聴くような何というか想像力が豊かになる作品。

今回は渋谷にある東急本店で。
ご本人ともお会いできて、お話もさせていただきました。
「紫外線で固まる糊」の話が印象的。そんなものがあるなんて知らなかった。
以前私が購入したものの作品(No.1405044)についても説明していただいたのですが…
恥ずかしいことに話を聞くまで真ん中の丸っこいのの下の方にチビアンモナイトがいるって知らなかった(汗)。
あの時は心がトゲトゲで丸くなりたい一心であれを選んだから、そこまで気にしてなかったんだなぁ。
家に帰って確認。あー、本当だ!クルッってなってた。

色やパーツの組み合わせでたくさんの情景を生み出し、それはまた光の加減で表情を変える。
ガラスって不思議だな。

いいなぁと思ったものがあったのですが、既に売れてしまっていました。
一点ものですから仕方ありませんね。
金持ちになって高額作品もサクッと買えるようになりたい。
いや、贅沢は言うまい。せめて3万円くらい買えるようになりたいなぁ…
2006.05
01
Category : 音楽
20060501220233
私が大好きだったmona recordsは押すものが変わってしまったのか?
押してるCDが明らかに変わった気がしている。私の好みは大きく変わってないと思うのだけど。

全然関係ない話だけど。
出会ったよ。下北沢マジック、再び!久しぶりだったのとびっくりし過ぎでカチコチしてしまった。変なの(笑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。