RSS
Admin
Archives

kiku-きまぐれ日記

好きなものは好き!特に音楽! と言いつつ、凹凸な日々の中で感じていることを音楽に限らず綴ります。

プロフィール

ナミヘイ

  • Author:ナミヘイ
  • 静岡在住。特にアコギの弾き語りが大好き♪
    最近はバンドにも興味津々。
    思いたったらまっしぐら~なところは齢をいくら重ねても直らない。
Twitter...
最近の記事
メール
件名に「ナミヘイ」と入れて下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.06
29
Category : ライブ
行ってまいりました。
6/25 オオモリゲンキ/ビューティフルハミングバード

最近全てにおいて、いいところよりしっくりこない部分が相当気にかかります。
なんか心がすさんでる。嫌だなこんなの。


ライブはとても良かった。うん、よかった。
オオモリくんは、新曲もやってくれたし、毎回その日のライブ用の曲を書き披露する。
新曲の「青ざめた空」。曲の展開が意外だった。重ーいとこから急に抜け出たり面白かった。
「九時のニュース」は初めて聞いたけどズッシリとした詩、彼の思いみたいなのがちゃんと伝わってきた。
「エール」「夕暮れ時」「日なたにて」が聞けて相当満足。
が、が。「青葉」はやってくれるなと思った。
ビューティフルハミングバードの曲なんだけど、今回の私はオリジナルのそれが聞きたくてやってきたのだから。
だって唄っちゃったら絶対自分たちからはやんないじゃん?
ショボーンだったなぁ…

と言いつつ、意地でリクエストしました。無理矢理やらせてごめんなさい。>BHB


ビューティフルハミングバードもよかった。うん、よかったよ。
どんなセットリストで来るかは5/28のライブに行っていたので予想がついていた。
予想通りだった。だからこそ「青葉」が聞きたかったし、オオモリくんと一緒にやった「流線型」やアンコールの「シープ」が聞けて嬉しかった。

そして南風の「忘れる季節」を三人で。これが一番良かったかもしれない。
オオモリくんはウタウタイなのにすっごく印象深いギターを弾く。音もいいけど、とにかくかっこいい。


一緒に行った人たちが気に入ってくれたのであまり突っ込むのも…と思うのだが、感じたことを書きたいと思う。
今度出るアルバムはあるアーティスト(私はたまたまライブ見たことあるが地方ではあまり馴染みはないと思う)の
プロディースをやった人らしい。その影響か何か知らないけれど、曲の印象が良く似ている。
アルバムに入る曲ですと言ってやった曲のほとんどが同じに感じた。
もちろん一曲ずつ聞けばニュアンスも違うし詩も違う。
けれど、今までのCDやライブでやっていた雰囲気のもの(テンポの早いものや、元気のいいもの)がほぼ消えた。
ホントは入ってるのかもしれないけど、ライブではやっていない。
私にはそれが残念でならない。そりゃ光子さんの声やタバティーのギターがゆったりしたものに良く合うのは知ってるけれど。


それとこれは二組に共通することなんだけど。
なるべくなら譜面台なしでやってほしかった。
オオモリくんがソロの時にノート見るのは知ってた。
人の曲や新曲でまだ慣れないのは仕方ないけどオリジナルはなるべくなら…ね?
BHBは「発売もうすぐなのに覚えきれないのかなぁ」って思ってしまった。
さすがに、人数の入る会場では譜面台無しになるんだろけど。

何故か私は「自分のウタくらい覚えようよ」って思うのが強くて。
だって、ファンだって口ずさめるのに…
(やってることが違うっていわれそうだけど)
それに私がライブ見てきたミュージシャンで譜面台使う人ってほとんどいないし。


いやー、なんか意地悪いよね。すごくよかったけどちょっぴり残念だった。
好きだからこそもっともっとって思ってしまう。欲張り過ぎなのかな?
スポンサーサイト
2006.06
26
Category : 独り言
最近すぐ爆発しそうになる。
「誰にでもわかるように話す」ということは難儀だ。

例えば音楽の話。私は素人、当然楽器や技術的なことは一切わからないし、好きなものも偏っている。
音楽は好きだけど、感覚的なことでしか聞けないし。
そんな私にある人はわかりやすい表現でいろんなことを話してくれる。
何人かで話していて、誰かが難しい話にいこうとするとわかるように言い換えてくれたり、
みんながわかるような話題にしようとしてくれたり。


近頃思う。
相当気を使ってくれてるんだろうなぁって。心を配ることができる人。
世の中は、わかる人同士で話が進んでいく。
「わからない」というタイミングも逃してしまうほどだ。

仕事くらいは共通語を使おうと思って。
今やってること、割と好きかも。上司も余裕もって見てくれているし。(と思う、汗)
他のことは…まぁいいや。テンションあがんないけど、結局自分次第だから。

いろいろグチもこぼしたけれど、今日ふと人の優しさに気付けたから。
悪いことは良いことに変えちゃいたい。せめて自分の心の中だけでも。
2006.06
24
Category : CD・PV
春先にフルアルバムを出した人たちが、早くも夏頃ミニアルバムですって。

おおはた雄一
今度はどうなるのかな?バンド色がまた強くなるのかなぁ?
う~ん…どちらにしてもそろそろ静岡にライブしに来てほしいなぁ。
「一段落したら行くよ」って言ってたけれど、雄一くんの一段落はいつ?
静岡市内でハコ持ってる方、ブッキングしてください。


残像カフェ
前作がメンバー的に再出発となった。
今までと少し違う傾向に傾き、私個人的には盛りだくさん過ぎてムムム。
今回はもう少しシンプルな方向に行ってくれたら嬉しいな。


ついに明日はビューティフルハミングバードとオオモリゲンキ(残像カフェ)のライブ。
楽しみ!楽しみ!その前に今日はAmusement Taoのライブだ。
時々サポートで入るカズキくん。
今回はパーカスで入るのか、それともまさかのドラム披露か?
こちらも何やら楽しみですな。
2006.06
21
Category : スタッフ
すすんでます。
ストフェスのスタッフも2年目。いろいろあるもので考えたり立ち止まったり忙しい。

今日は会議で、久しぶりにその後の飲み会に出席。
一番年下のコといろんな話をした。
話をしながらいろんなことを思い返した。

私はずっと一人ぼっちで誰にも興味を示されないと思っていたけれど、そんなことないかもな。
こうやって誰かに気づかせてもらわなかったら、ずっと孤独人の被害妄想の中にいたかもしれない。

どんな形でも誰かがわたしにちゃんと向き合ってくれてる。
優しかったり、怒ってくれたり、喧嘩したり、アドバイスしてくれたり。
彼女を励ましてるはずだったのに、なんだか私が励ましてもらったみたいで胸がジーンとなる。
ささやかだけど大切なことを時々忘れてしまうけれど…

彼女は拙い私の言葉に「ハッとさせられる時がある」と言ってくれた。
言葉は時に残酷で人を傷つけてしまう。
でも選び過ぎても嘘っぽくて自分の意志を曲げたみたいで好きじゃない。
最近はそんな葛藤の中にいる。


近頃は素直に聞けない時がある。
フィルターにかけないと苦しいだなんて。
私には潔さが足りない。


人から見た自分、自分が知ってる自分。
戦わなくちゃ。追いつきたい。自分がどうしたいのかを知りたい。

2006.06
19
Category : ライブ
グッと摑まれた心。そう、私はこの時を待ち望んでいた。

昨日は大阪から月夜さんがやってきて、静岡の親友あぶぅさんとのライブだった。


毎度の順番で、あぶぅさんが先。今回はDr.かつじさん、Gt.masamiさんを迎えた形で。
超新曲と新曲もやってましたね。愛と優しさがあふれるウタ。
ずるいなぁと思う。あの声で唄うのはずるいなぁと。
人から愛されることがないからわかんないけど(爆)、思うことの大切さみたいなものなら私にもわかる気がする。
新曲ではないけれど「走れ」でドンドン演奏が早くなっていって、3人とも早くなり過ぎて半笑いで「どうしてくれんのー」って
楽しそうにしてるの。見ていてこっちも笑っちゃった。
そういえばあぶぅさんが笑顔で唄う曲は少ないのかも。
こういうのもっとあったらいいなぁ。
で…。
「動いてる人生さ!」(また言ってるって声が聞こえそうだ)なんだけど。
今回はアカペラで始まるバージョンだったのだけど、個人的にはすっごく好き。
静の中の動。あの少しかすれた強い意志が感じられるあの声が音を発し、何の音にも邪魔されずに言葉が届けられる。
心がぎゅっとなる。そして背中を押してくれる。このウタを聞く度に「また頑張ろう」って素直に思える。
個人的には「君のドア」「ハテナの先」あたりを聞きたかったけど。
「feel so good」も最近聞いてないよなぁ。(思わずサイトに映像見に行っちゃいました)


さぁ、月夜さんの出番です。
月夜さんはアコギの市川さんとエレギの大林さんと一緒に。本人も弾くからギター3本。
「海岸通り」から始まるなんて反則~。しょっぱなから泣きそうだった。バカみたいに毎回泣きたくなる。

きみとはじめて出会ったとき なぜか ずっと一緒にいると感じた
ときめきとか運命だとかわからないけど 理由なんていらなかったよ
「海岸通り」(詞・曲/月夜)

月夜さんのパワーをビリビリと感じることができる「砂漠の月夜」。
あのちっこくてかわいらしい体からどうしてあんなパワフルな声が生み出されるのだろう。
スゴイスゴイ!正直CDなんて比べ物にならん!ライブで聴くからこそあのパワーが最大限に生かされ伝わる。
音って本当に振動するんだって思った。

それでそれで、私の大好きな大好きなウタ「丘を越えて」

失われたものばかりを数えて 生きてくよりも
手に入れたものを 心から大切にしたいんだ

だから走ろう くじけそうでも
信じてつらぬこう

あこがれの丘を越えて いつかたどりつこう
「丘を越えて」(詞・曲/月夜)


とにかく今の私は人生にも愛にも恋にも例えられるウタが好みです。
人生よりだと尚可。
とにかくこんだけのパワーをくれる女性ヴォーカリストはなかなかいないなと個人的には思ってます。
安らぎや癒しだけでなくパワーもガッツリくれる人。

あー、あのウタやったのかな?タイトル思い出せないけど、今10周年ライブCDの試聴に入ってる最初の曲。
あれも好きー。
っていうか、三島のみなさんがライブCD買っちゃって、静岡組は手に入らなかったのよ。楽しみにしていただけに残念。


今回ライブにこれなかった方々。もったいない!
いいライブだった。心がギュウウウってつまってるライブだった。

月夜さん、いっぱいありがとう。また来てね。待ってるよ。


Flowing Cafe最高!いつもお世話になってます。
昨日「甲イカとネギの和風パスタ」を食べたんだけどめちゃおいしかったぁ。
ケーキも抜群においしかった。
ホント、おいしいもの盛りだくさんなのでぜひ足を運んでみてください。小さなお子さん連れもOKですよ。


そんな訳で、興奮していて寝付けずなんとか仕事を終えた月曜日でした。
2006.06
18
Category : モブログ
駐車場待ちの列。様子を伺う。

いろいろ思うこともあるけど言葉にできないことばかり。伝わらない方がいいこともあるのかも。全てはバランス。
2006.06
17
Category : 独り言
たくさんの感性に触れる機会を与えてくださってどうもありがとう。
感謝しないで眠りについたらきっとバチがあたる。

ありがとう。
2006.06
16
Category : 独り言
蚊のせいで予定より早く目覚めた。
どんな一日になるのかな?

固まりかけた心を溶かしたい。
パワーがほしい。
心を閉ざしたらいけない。
つまらないこと気にしちゃいけない。

笑顔で終えられるような一日を。


それにしてもスゴイ雨…
2006.06
15
Category : 音楽
なんだか急に頭ん中でリフレイン。


ありがとう!ちゃんと伝わってくるヨ
いつも救われたり逆に迷い込んじゃったり
みんな良いこと云ってるけれどもね
みんな云うことはバラバラだね
だけど最後の最後に決めるのは自分でしょ?
どっちへ行ったってやるしかないでしょ?Ah
結局ぼくが今どうしたいかっていうことだけサ

GOING GOING/残像カフェ(詞/曲 大森元気)


臆病になってるだけ。自分で歩くんだ。
2006.06
14
Category : スタッフ
私がスタッフとして参加しているストリートフェスティバル・イン・シズオカからお知らせです。

2006 「踊りに行くぜ!! vol.7」 ~JCDN全国パフォーマンススペース間のダンス巡回プロジェクト~
出演者選考会+ダンスディスカッションの公開審査があります。

興味のある方はご参加ください。
詳しくはコチラ
2006.06
13
Category : イロイロ
難しいね。
川口くんスゲかった。
大黒様をもっと早くから見たかったな。

冷静なプレーができて尚且つ熱い人が好き。


W杯だからっていろんな局でいろんな人がテーマ曲?歌ってるみたいね。
よく知らないけど、え、これ応援歌?ってのもあって軽く引いた。
2006.06
12
Category : CD・PV
「指一本で倒されるだろう/秋山羊子」

いまだに聞き込み中です。でもそろそろ感想を書きたくなったので書いてみたりする。

秋山羊子
私の中ではとても痛い詩を書く人。
誰もが通ってきつつもわざと気がつかないフリをしたり、もしくは本当に気づかないでいたことを
「真実はココよ」と見せちゃう人。


「指一本で倒されるだろう」
君に伝えたくてずっと 叫び続けてきたんだけど
ちっとも届かないのは 立ってる場所が安全だから

「どん」
聞こえるはずのメッセージも
君の心のぽっかりと空いた穴も
気づかずに通り過ぎて 気づかずに通り過ぎて
いつのまにか いつのまにか感じなくなってゆく

「もう一度僕らは」
ひたすら逃げてきたもの
ひたすら探してきたもの
それらは皮肉なことに
近すぎて似てるから
勘違いするんだ

「時のかけら」
今さら悔やんでもわめいてもしかたがないけど
傷つけばよかったんだ
僕が傷つけばよかったんだ
とことん傷つけばよかったんだ
そしたら近づけたかもしれないのに
君に 君に 君に

そしたら近づけたかもしれないのに


All songs written by 秋山羊子



最初に「時のかけら」は聞いた時は真剣に苦しかった。
だから興味はあったけれど、聞くのが怖かった。
絶対的に重たくって絶望的な歌が多いと思い込んでいたから。
でも、違ってた。
通して聞くともう少し救いがあって優しかった。
声も透明感はあるけれど、流れていってしまわず心にキチンと詩を届けてくれる。
何よりも聞きやすいメロディー。

だけど贅沢を言っちゃうと希望に溢れるうウタも聞きたかった。
指一本で倒されるんじゃなくて、迷った時そっと背中を押してくれるウタ。
ウタに慰めてほしいけど、それ以上に励ましてほしいと思ってる。
ホントは幻想だったとしても励ましてほしいと思ってる。


私は秋山さんのことはこの一枚しか知らないのだからこんなこと言うべきではないのかもしれないけれど。
でも正直に書きたかった。

ライブに行きたい。いつか行きたい。
2006.06
11
Category : 独り言
どこに向けたものなのかなんてわかってる。
ここではないことくらいわかってる。

どう生き抜くかはあの時に決めたんだ。


最近よく考える。
「人生の目標」ってやつを。誰にも頼らない自分のための目標。
「あなたでなくっちゃと言われる人間になりたい」ってことがやっぱり一番なんだよな。
けど、これって他人の判断って意味でいくと依存してる目標だからやっぱりダメかな。
仕事でも何でも頑張りたいんだー。
今度こそ逃げずに立ち向かったり、落ちても自分で這い上がったり、
周りの人が当たり前のようにできてることを出来るようになって…
その上で誰かの力になりたい。
形や他人が見て目標を達成したのがわかりやすい(例えば税理士になりたいとか)
ものって逆に興味ないのかもしれないな。

キャパの広い人間になればきっと頼りにされるかな?
心、知識、技術、感受性…学ぶことはまだまだたくさんあるから頑張ろう。

ま、今は真面目にこんなことを考えてる。


本当は愛される人間になりたいけど、それはそれなりの人間にならなきゃダメだからね。
遠いー。それこそ夢見すぎな目標だ。

2006.06
09
Category : ライブ情報
月夜が静岡にやってくる。
小さな体から溢れ出るパワーをあなたも体感してください。

6/17(土) 18:30open/19:30start
ソウルノート \2000(1ドリンク付)
<出演>
月夜/サポート:市川聡(Gt)大林一雅(Gt)
mississippi moonshine

6/18(日)19:00start
Flowing Cafetip in style+oder
<出演>
月夜/サポート:市川聡(Gt)大林一雅(Gt)
あぶぅ


三島での対バンは久しぶりのライブになるミシシ。めぐちんの絶品ボイスとむらちゃんのほよよん空気が絶妙。
静岡での対バンのあぶぅは大人なロックでありながらピュアな詩がいい。渋い歌声はたまりません。


2日ともそれぞれのよさがあります。
欲張って2日とも行ってしまいましょう。



※tip in style+oderとは?
ミュージックチャージの額は特に決まっておりません。
ライブが終わった後かごがまわるので、来場した方々の心持ちで金額を決めて入れてください。
お店はライブ専用ではなく通常営業の中でライブをやるというスタイルです。
その為、ライブを聞きに来た方も必ず1オーダーしてください。
Foodやcakeが充実しているので、ご飯を食べながらライブを聞くのもかなりいいと思います。

「チップの額がわからないのは不安だ」と言う方は予め聞いてくださればこっそりだいたいの相場をお伝えします。

2006.06
09
Category : ライブ情報
お久しぶりの来静(浜松だけどね)決定!

2006/6/25(SUN)@ESQUERITA68
出演:ビューティフルハミングバードオオモリゲンキ(残像カフェ)
前売2500円+1D付/当日3000円+1D付
開場18:00/開演19:00~
チケット40枚限定!

http://www.esquerita68.com
info@esquerita68.com

あの鳥肌が立つような光子さんの歌声を一人でも多くの方に聞いてもらいたい。
タバティーの懐の深いギターと愉快なMCも聞いてもらいたい。
ビューティフルハミングバード。
2004年秋に清水、2005年春に静岡に気軽に来てくれたけれど、
今は事務所も移籍してもうあんなに気軽に来てもらう事はできないと思う。
ついにコロンビアから7/19にファーストアルバム「空へ」が発売決定。



オオモリくんのウタも私は大好きです。
忘れてるあったかくて切ない気持ちを思い出させてくれるから。
そして、新しい景色を見せてくれるから。


浜松まで聴きに行く価値は絶対にあると思う。
予定を確保し、チケット予約だ!40枚だから急げ!
2006.06
09
Category : モブログ
最近記憶力が怪しい。いや、危うい。
電話三件(車点検、ST.、友)・印刷(DM、ちらし)・情報UP。

手帳に書いた事実を忘れるようじゃヤバイなぁ。
2006.06
07
Category : 独り言
今日は久しぶりに怒涛の●●タイムでした。

しょうがないさ。
ミスもケツ拭きますよ。頭下げます。仕事ですから。
あまりにもひどいもんが来たら、話し合いしますよ。仕事ですから。
仕事ですからーーーーー。

同じこと何度も言って空しくなるね。明日も言うんだろうけど。
理解して仕事をする、してもらうって本当に大変。
相手の心に届く方法で、なるべくわかりやすくと思うけど難しい。


うははは。
やっぱりドンドン増えてくね。仕方ないね。仕事ですカラー。
ますます有給申請しにくい状況だ。どっかで覚悟はしてたけど。あうー。
戒め戒め。
imasime
B-SIDE LABEL

気をつけろ!
落ち込むな。短気になるな。イライラすんな。トゲトゲすんな。
一服は何の解決にも繋がらない。折角ココまできたんだ、耐えろ!
仕事だけになるな。他にも気を回せ。意識してまわせ。
甘えるな。甘えるな。甘えるな。けど、甘えたいかも。ってドコに?

いや、大丈夫。私が元気でいる。笑顔でいる。まずはそれが大事。
2006.06
05
Category : CD・PV
東京に行った時、必ずと言って良いほどタワレコ新宿店に寄る。
寄ると急に気が大きくなって、我慢してたCDとか目に付いたCDとかをうっかり買ってしまう。

実は5/28にも2枚購入してしまった。
1枚は偶然出会ったもの。もう一枚は初めてライブを見た時に買おうと思っていたもの。

「初恋の嵐/バラードコレクション」
初恋の嵐を私が知ったのは2年前くらいだろうか?
プロフィールを見てもらえればわかるが、伝説のバンドと言ってよいだろう。
西山氏が没後4年を経て再リリースされた「バラードコレクション」。
メンバーもベースは隅倉さんではない。
一発録りに興味がある今日この頃な上に好きな初恋の嵐とくれば、購入しちゃうでしょ。
ザラっとした音、揺れるボーカル。継ぎ接ぎなんて関係ない音がそこにはあった。ぬくもりや正直さ。
綺麗な音でクリアな音で一歩間違えると無機質に聞こえてしまいがちな現代の音。
私がほしいのはきっと人間くさい音なんだと確認させられてしまった。


「秋山羊子/指一本で倒されるだろう」
秋山羊子。この人は興味深い人。鍵盤の弾き語り。
ブログが好きでよく読んでいる。
元々友達に教えてもらった人で、初めて音源を聞いた時にはひどく切なかった。
「時のかけら」を聞いたのだけど。
胸が切なさで押しつぶされそうになって、何かを口にしたら雫が落ちそうでたまらない気持ちになった。
正直こんなに重たい気持ちにさせてしまうなんて困った人だなぁと思った。(もちろんいい意味で)
とても気になっていたのだけど、いつかライブに行って生で聞いてそれから買おうと思っていたのに。
買ってしまった。でも感想はまだ書かない。
何度も何度も聞いてから真剣に書きたいって思うから。真正面から正直に書きたいから。
どんな感想だったとしても、秋山さんに対してはそれが礼儀な気がする。


あ、だからって今までのが適当とかはないですよ。
ちゃんと聞いてるしちゃんと思ったことも書いてるし。
秋山さんとは「より」誠実に向き合わなきゃとおもっただけなんだ。

2006.06
04
Category : アート
昨日名古屋に行ってきました。クリエーターズマーケットの視察です。

ストフェスのスタッフになってから、自分が今までふれてこなかった分野に対面をします。
楽しいけれどまだ尻込みしている。
個人的には同じものに見えてしまう「小物雑貨」の良さ(オリジナリティー)がいまいちわからないから。
ま、そんなに深く考えなくてもいいのかもだけど。
そんな中、私が購入に至った物はmelacottaのフリップブックと、B-SIDE LABELのステッカー。
フリップブックはどれも素敵なストーリーで、プレゼントする人を思いながら選ぶのが楽しかった。
ステッカーは標識シリーズがおもしろくて。サイトではSHOPの標識シリーズを見てね。
親と自分の戒めのため何枚か購入。

今回見てみてすごいなーと思ったもの。
284ですよ。
GEISAIという私が持ってる情報の中ではアートらしいイベントの第8回の金賞受賞者。
プロの庭師が各地から4名集まり新しい創作をしていました。
その名も「冠庭」。帽子に盆栽をのせ、その盆栽を床屋でカットするという設定。
つまり庭師の技術の見せ所ですよ。
親方がみんなかっこいいのは何故でしょうか?若いし。
メンバーの一人である古川氏。調べてみたらすごいプロフィール
あと、GEISAIのスタッフと話ができたのも収穫だった。

ミュージック系はS.B.B.というジャズファンクっぽいバンドがいて、結構聞き応えがある音を出していた。


毎回思うのだけど、視察に一緒に行くスタッフが楽しむのが得意だなーと思う。
頭の回転が速いし、直感を信じてるのかそういうのに慣れているのか、広報活動も素早い。


楽しむことが得意になりたいなー。



2006.06
04
Category : ライブ
だいぶ時間がたちましたが。

5/28に行われた残像カフェのレコ発ライブにゲストとして登場したビューティフルハミングバード

ものすごく久しぶりに聞けたので光子さんの歌声に鳥肌たちました。
タバティーはダイエット中とかで少し痩せたよう見えるような見えないような。
彼が持っている独特の丸ーい空気が、削ぎ落としたものを感じさせないのかも。


さて。
ライブは7/19に発売が決まったファーストアルバム「空へ」から。
(コロンビアから出すのでメジャーデビューってことになるかな。)
二人が紡ぐ音たちは懐が深く包み込んでくれるような感じ。
その間を縫ってダバティーの楽しいお喋りがある。短すぎず長すぎず。
空気を読んで時にはスパッと切る潔さ。
マイクトラブルもあったけど、空気が終始穏やかである。
今回歌っていた曲たちは似た雰囲気のもが多かった気がするが実際はどうなのかな?
「眩しい季節のなかへ」という曲が素敵だった。

残像カフェのライブ中にも参加したり、アンコールの「放課後ラブ」で出てきた時は、
オオモリスタイル(ボーダーシャツ+メガネ)だったり、最後にはエレキを弾くタバティー!
楽しかったー。


エスケリータでのライブが楽しみ。
2006.06
01
Category : 独り言
酒の勢い借りて、ベラベラ喋る。
いろーんな考え方。
ちょっとだけ楽になる術。
人に関わることは大変。
でも考え方一つで変われるんなら変わりたい。

この間見た「かもめ食堂」の中で小林聡美扮する主人公が合気道の型をやるシーン。
私、弓道やってたから素引きまでいかなくてもシャドー弓引きやろうかな?って思ってた。

やろうと思う。弓道場へ行くのは大変だけど、弓引くマネはできる。
恐らく精神が集中する。
胸の真ん中から左右に分け入って胸を開き、肩は落とす。
頭のてっぺんから引っ張られるけど、ピンと1本筋が通る。
丹田(おへその下)に気を集中。そうすれば太ももとふくらはぎは絞まり、足の裏はキチンと地に吸い付く。
呼吸も大切。余分な力を引く手助けをしてくれるから。
地と一体になり余分な力は一切入らず体は開く。

良い姿勢を保つことがいかに大切か。忘れてたかもね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。