RSS
Admin
Archives

kiku-きまぐれ日記

好きなものは好き!特に音楽! と言いつつ、凹凸な日々の中で感じていることを音楽に限らず綴ります。

プロフィール

ナミヘイ

  • Author:ナミヘイ
  • 静岡在住。特にアコギの弾き語りが大好き♪
    最近はバンドにも興味津々。
    思いたったらまっしぐら~なところは齢をいくら重ねても直らない。
Twitter...
最近の記事
メール
件名に「ナミヘイ」と入れて下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.10
16
Category : 音楽
ノグチサトシくんの弾き語りを久しぶりに聴いた。
いやぁ、いいっす。かなりいいっす。やっぱりいいっす。
バンドも良いけど、弾き語りだよ!弾き語りは最高だよ!

本日、福祉イベントでのセトリ
(諸事情により考えていたセトリがふっとんだようで、その場で曲を決めていた)

笑える日
ハードコアが大好きな友達
内田んちのサリー
メモ
ゆっくり
重みが欲しいです

内田んちのサリー、これを福祉のイベントで聴けると思ってもみなかった。
この曲、実は初めて聴いたのはノグチくん本人からではなく、UHUのボスが
ゼンザエースとして歌っていた時だ。「ノグチサトシというヤツのウタだ」とMCで
言っていて、「イイ」「イイ」という噂を聞いていたあの人のウタかと思ったら
もうどうしてもライブに行って見たくなったのだった。
その前にストフェスで見逃し、動画サイトで見て盛り上がったところにとどめをさされた訳だ。

後に、無事ライブを体験しCDをゲット。
今思えば、既に手にいれることが出来なくなった1枚目、欲しかったなぁ。
2枚目・3枚目も十分いいのだけど、そうなってくると揃えたいじゃない?


弾き語りの良さをきちんと出していかないとララバイズに行ってしまうから
言葉を大切にしていると言っていたノグチくん。
ちゃんと届いてきたよ。まじめに言うよ。ホント、カッコイイ!
スポンサーサイト
2010.10
13
Category : 飲食
牡蠣…

唾液が止まりません。

行ってみたいな牡蠣屋
2010.10
12
Category : アート
静岡市美術館 開館記念展Ⅰ
ポーラ美術館コレクション展「印象派とエコール・ド・パリ」に行って来ました。

結構な点数展示できるのね~ってまずそこにびっくり。
私、クロード・モネが好きなのです。
昔、どこで見たか忘れちゃったけど「クロード・モネ展」で見た光の加減が忘れられなくて。
積みわらの時間を追って何枚か描いたのとかが特に好き。
今回の展示は積みわらが1つありました。うん、やはりいい。
なんとなく暗い感じのが多かったかな?

他のは初めて知ったのだけど、レオナール・フジタがよかった。
油彩とは思えない繊細な感じが日本人独特な感じがして、絵の良し悪しなんて全く分からないけど
「いいなぁ」と思った。


1つ残念なことが。
保管のため仕方のないことかもしれないけれど、展示品の額にはガラスが入っていたので
映り込みがひどくて、中には「ちょっとこれは見難いな」というものが…。
光の具合もあるし、いろんな角度から見たいのでけっこう映り込んじゃって。
やっぱり油彩は絵の具の盛り上がりとか質感とかカンヴァスの感じとか見たい訳で、
それをガラスに遮られ、映りこみもあるとなると油彩の楽しみが減っちゃうのです。


来年になるけど、棟方志功の展示は行きたいなぁ。

あと、他の美術館のチラシがたくさんあって、これ見に行きたいですわ。
チラシがすごくいいのに、web情報が見つけられなくて残念。
昨年の情報見たら、期待が膨らむなぁ。


あ。静岡市美術館で展示を見終わったら、半券を失くさないように!
静岡街中のお店によっては、サービスが受けられるところがありますから~。
私はあるお店でご飯食べたのですが、5%OFFでした♪お得ですわ。

今後も期待してますよ、静岡市美術館さん。
2010.10
10
Category : 独り言
静岡アタックの件で、行けるか分かりもしないのに
何時に早退すれば何時につくかシュミレーションしている。
ワンマンはアルバム出てからでもいいけど、
今回のこれはどうしても行きたい。

やはり開場時間に間に合うようにいくべきイベントなのかな?

いやだから、行けない可能性の方が断然高いのに…
妄想が止まらないのね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。