RSS
Admin
Archives

kiku-きまぐれ日記

好きなものは好き!特に音楽! と言いつつ、凹凸な日々の中で感じていることを音楽に限らず綴ります。

プロフィール

ナミヘイ

  • Author:ナミヘイ
  • 静岡在住。特にアコギの弾き語りが大好き♪
    最近はバンドにも興味津々。
    思いたったらまっしぐら~なところは齢をいくら重ねても直らない。
Twitter...
最近の記事
メール
件名に「ナミヘイ」と入れて下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.05
05
Category : ライブ
清水駅前銀座商店街で行われた10回目を迎えた恒例のライブ。
今日はなんと18組も出演!
が、体力的にしんどかったのとお目当てがある程度固まっていたので
ゆっくりめの外出。
お目当ては塩倉亮治Amusement Tao。ホントは鳥井沙樹子もだったのだけど。起きた時間でした。

塩倉くんは「TIDE&WAVE」というボサノバ系雑食バンドのギタリスト。
私はバンドは見たことないのだけど、塩倉くんのソロを何度か見た。
「今時の大学生はしゃれてんなぁ」と思っていたのだけど、徐々に印象が変化。
意外と骨太な気がしてる。ハートの問題なのかな?
ライブ中のリズムの取り方が結構好き。
で、詩やメロディーが頭の隅に残ってるんだよね。いい意味で気になる。
ちゃんと聞いてみたくて今日やっとCDを購入。
帰りにまずは詩をざっと読んだのだけど…。
塩倉くん何歳ですか?ピュアなのか精神的に年取ってんのかわかんないけど。
風景というか情景がわーっと目に浮かぶよ。ノスタルジー。


お久しぶりーのTao。と言っても私は昨日も青葉にストリート聞きに行ったのだけど。
今、2人の活動が貴重だから。2人の力強くて優しいウタ。
しかし、岡村氏の声はずるいなぁー。マイクを通すとよりエンジェルぶりに磨きがかかる。
あ、久しぶりだからって褒めすぎかな?
竹田氏もMCのこと考えなくていいせいか、ソロの時より伸び伸びしてる気が。
回数は減ったけどこうやって活動を続けてくれるのはありがたい。


サポートなしの練は久しぶりかな?
いつも思うのだけど無条件に心地よいんです。私はその空間に漂います。ユラユラ、フワフワ。
やはり「魔女」ですよ。音源化してください。
難しく考えてしまいそうだったことを一旦クリアにできた気がしました。
すばらしい人に触発されることは素敵なことだけど、同じ様にはできないもんね。
私は私が出来ることをやればいいんだ。



ライブの仕掛け人チャオさんとそれを支える人達がいて、今日も私は楽しむことが出来ました。
大感謝!
苦労も多いでしょうけれど頑張ってください。応援してます。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

朝からですか。お客の鏡ですね。
写真拝見いたしました。寝ぼすけな私にはありがたい限り。
鳥井さん、リズム隊を引き連れてきたわけですね。彼女の柔らかな歌声にどんな風に絡んだのでしょうか?

その他の出演者の皆さんもそれぞれに素敵だったんでしょうね。

本当にいいイベントですよね。
チャオさんが家族の方に感謝していましたが、みなさん(スタッフ・出演者)それぞれの事情の中活動しているわけですから、凄いなぁとしみじみ思ったりします。

なんか声かけづらくてすみません>私。
変なオーラ出てますかね?(苦笑)ま、いつものことなんであまり気にしないでください。
私もそんなに得意な方でもないので。人様にやっと声かけても話続かなくて逆に申し訳なかったりとか…
まぁ、そんな奴ですので(爆)。

銀座ライブ。

管理人さま、何となく声を掛けるタイミングもなくて
失礼しました。

演奏している時って声を掛けづらいですし、
元々が声かけが苦手なのですいませんでした。

さて、私は朝からいました。あまりに長くて
途中、トイレや食事に抜け出しましたが、
おおむねアーティストさんも時間通りに
時間を消化していましたね。

Taoさんだけが喋りすぎで大ウケして時間も
オーバーぎみだったみたいですが、それも
Taoさんらしかったですね。(笑)

ストリートでも思いましたが、やっぱりツインのギターが
奏でる音って素晴らしいなって思います。
私は時々竹田さんのストリートにもお邪魔して
いますが、それもいいけどツインの音にはそれ以上の感動が
ありますね。

練さんのボーカルは絶品ですね。
声が素晴らしいです。
声に聞き惚れるって言うのはあんまりないですからね。

HPにも載せましたが、鳥井さんは最初の2曲がソロで、
あとの2曲がさらにギターとカポンを加えたユニットでの
演奏でした。

ささやきかけるような心地良さを感じながら聴けましたね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。