RSS
Admin
Archives

kiku-きまぐれ日記

好きなものは好き!特に音楽! と言いつつ、凹凸な日々の中で感じていることを音楽に限らず綴ります。

プロフィール

ナミヘイ

  • Author:ナミヘイ
  • 静岡在住。特にアコギの弾き語りが大好き♪
    最近はバンドにも興味津々。
    思いたったらまっしぐら~なところは齢をいくら重ねても直らない。
Twitter...
最近の記事
メール
件名に「ナミヘイ」と入れて下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.06
19
Category : ライブ
グッと摑まれた心。そう、私はこの時を待ち望んでいた。

昨日は大阪から月夜さんがやってきて、静岡の親友あぶぅさんとのライブだった。


毎度の順番で、あぶぅさんが先。今回はDr.かつじさん、Gt.masamiさんを迎えた形で。
超新曲と新曲もやってましたね。愛と優しさがあふれるウタ。
ずるいなぁと思う。あの声で唄うのはずるいなぁと。
人から愛されることがないからわかんないけど(爆)、思うことの大切さみたいなものなら私にもわかる気がする。
新曲ではないけれど「走れ」でドンドン演奏が早くなっていって、3人とも早くなり過ぎて半笑いで「どうしてくれんのー」って
楽しそうにしてるの。見ていてこっちも笑っちゃった。
そういえばあぶぅさんが笑顔で唄う曲は少ないのかも。
こういうのもっとあったらいいなぁ。
で…。
「動いてる人生さ!」(また言ってるって声が聞こえそうだ)なんだけど。
今回はアカペラで始まるバージョンだったのだけど、個人的にはすっごく好き。
静の中の動。あの少しかすれた強い意志が感じられるあの声が音を発し、何の音にも邪魔されずに言葉が届けられる。
心がぎゅっとなる。そして背中を押してくれる。このウタを聞く度に「また頑張ろう」って素直に思える。
個人的には「君のドア」「ハテナの先」あたりを聞きたかったけど。
「feel so good」も最近聞いてないよなぁ。(思わずサイトに映像見に行っちゃいました)


さぁ、月夜さんの出番です。
月夜さんはアコギの市川さんとエレギの大林さんと一緒に。本人も弾くからギター3本。
「海岸通り」から始まるなんて反則~。しょっぱなから泣きそうだった。バカみたいに毎回泣きたくなる。

きみとはじめて出会ったとき なぜか ずっと一緒にいると感じた
ときめきとか運命だとかわからないけど 理由なんていらなかったよ
「海岸通り」(詞・曲/月夜)

月夜さんのパワーをビリビリと感じることができる「砂漠の月夜」。
あのちっこくてかわいらしい体からどうしてあんなパワフルな声が生み出されるのだろう。
スゴイスゴイ!正直CDなんて比べ物にならん!ライブで聴くからこそあのパワーが最大限に生かされ伝わる。
音って本当に振動するんだって思った。

それでそれで、私の大好きな大好きなウタ「丘を越えて」

失われたものばかりを数えて 生きてくよりも
手に入れたものを 心から大切にしたいんだ

だから走ろう くじけそうでも
信じてつらぬこう

あこがれの丘を越えて いつかたどりつこう
「丘を越えて」(詞・曲/月夜)


とにかく今の私は人生にも愛にも恋にも例えられるウタが好みです。
人生よりだと尚可。
とにかくこんだけのパワーをくれる女性ヴォーカリストはなかなかいないなと個人的には思ってます。
安らぎや癒しだけでなくパワーもガッツリくれる人。

あー、あのウタやったのかな?タイトル思い出せないけど、今10周年ライブCDの試聴に入ってる最初の曲。
あれも好きー。
っていうか、三島のみなさんがライブCD買っちゃって、静岡組は手に入らなかったのよ。楽しみにしていただけに残念。


今回ライブにこれなかった方々。もったいない!
いいライブだった。心がギュウウウってつまってるライブだった。

月夜さん、いっぱいありがとう。また来てね。待ってるよ。


Flowing Cafe最高!いつもお世話になってます。
昨日「甲イカとネギの和風パスタ」を食べたんだけどめちゃおいしかったぁ。
ケーキも抜群においしかった。
ホント、おいしいもの盛りだくさんなのでぜひ足を運んでみてください。小さなお子さん連れもOKですよ。


そんな訳で、興奮していて寝付けずなんとか仕事を終えた月曜日でした。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。