RSS
Admin
Archives

kiku-きまぐれ日記

好きなものは好き!特に音楽! と言いつつ、凹凸な日々の中で感じていることを音楽に限らず綴ります。

プロフィール

ナミヘイ

  • Author:ナミヘイ
  • 静岡在住。特にアコギの弾き語りが大好き♪
    最近はバンドにも興味津々。
    思いたったらまっしぐら~なところは齢をいくら重ねても直らない。
Twitter...
最近の記事
メール
件名に「ナミヘイ」と入れて下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.07
23
Category : ライブ
昨日とても嫌な状況だった。
人には聞く音楽に好みがあり、対バン形式のライブでは時に好みと大幅にずれキツイ思いをする時もある。

ですが・・・。

だからってそのミュージシャン目当てのお客さんいるのが明らかにわかる状況で大きい声で喋りすぎ。
静かな曲の中に喋り声が響き渡り、折角の素敵な曲が掻き消される。
普通静かな曲の時くらい遠慮しそうなものだけど。
しかも終わったミュージシャン自ら自分の客と大声で喋り続ける。
見かねたハコのスタッフが何度も注意する。
一般的な神経の持ち主ならせめてステージに近い場所は外し小声で話すだろう。
バンドばかりの中に弾き語りが入ってるから好みでないのかもしれない。
しかし、明らかにその行為はおかしくないですか?
自分がその立場だったらとか考えたら、逆に自分の客に注意するくらいでもいいだろう。
対バン形式って何?自分たちがよければそれでいいってこと?

アコースティックのお客でここまでひどいのは見たことが無かったから相当腹ただしかった。


私は対バンの時なるべく全ての出演者を聞き、とりあえず1曲は聞くことにしている。
どうしても耐えられない出演者にあたった場合、お目当ての人が終わっていれば会場を後にする。
再入場出来るなら一旦席を外す。出れなければ気をそらす。(聞かないようにする)
知り合いがいる場合は、ステージから一番遠い所に移動し、声のボリュームに気をつけながら少し話したりしていた。

今回このひどく醜い状況に向き合うこととなり、もう一度自分の聞く姿勢を考え直した。
きっと好きな人たちには囁くような小声でも耳につくかもしれない。
会場内にいる限りお喋りは厳禁だなと思った。


いろんな人がいるからこそ最低限の聞く時のマナーは持っていたいものだ。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。